第105回薬剤師国家試験

第105回薬剤師国家試験 問185

第105回薬剤師国家試験 問185

慢性腎臓病の病態に関する記述のうち、正しいのはどれか。2つ選べ。

1 尿中へ排泄されるタンパク質量が増加している。
2 低カリウム血症を呈する。
3 二次性副甲状腺機能低下症を呈する。
4 代償性に活性型ビタミンDの産生が亢進する。
5 レニン–アンジオテンシン系の亢進により血圧が上昇する。

 

 

 

 

 

解答・解説

解答
1、5

解説
1 正
本疾患では、糸球体大分子透過性亢進が認められるため、タンパク尿、低アルブミン血症、浮腫が認められる。
2 誤
本疾患では、K排泄低下により高カリウム血症を呈する。
3 誤
本疾患では、ビタミンDが活性化できず(腎臓におけるビタミンDの水酸化ができない)、腸管からのカルシウムの吸収、腎臓からのカルシウムの再吸収が低下するため、血中カルシウム濃度を維持するために、副甲状腺機能を亢進することでパラトルモンの分泌を促進し、血中カルシウム濃度を維持しようとする。 このことから本疾患では、二次性副甲状腺機能亢進症を呈する。
4 誤
解説3参照
5 正
本疾患では、腎機能の低下に伴いレニン–アンギオテンシン系が亢進し、血圧が上昇する。

-第105回薬剤師国家試験

Copyright© yakugaku lab , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.