第105回薬剤師国家試験

第105回薬剤師国家試験 問181

第105回薬剤師国家試験 問181

光に対して不安定な薬物Aを含有するフィルムコーティング錠に含まれる添加剤を以下に示す。添加剤の種類や量を変更したときに起こり得る錠剤特性の変化に関する記述のうち、正しいのはどれか。2つ選べ。

1 カルメロースカルシウムをカルメロースナトリウムに変更すると、錠剤は崩壊しにくくなる。
2 ヒドロキシプロピルセルロースの配合量を相対的に減らすと、素錠の硬度は下がりやすくなる。
3 ステアリン酸マグネシウムの配合量を相対的に減らすと、キャッピングが起こりやすくなる。
4 ヒプロメロースをヒプロメロースフタル酸エステルに変更すると、日本薬局方崩壊試験第2液中における薬物Aの溶出は起こらない。
5 酸化チタンを除いても、本錠剤に光を当てた際の薬物Aの安定性は変わらない。

 

 

 

 

 

 

解答・解説

解答
1、2

解説
1 正
カルメロースカルシウムは崩壊剤であり、カルメロースナトリウムは結合剤である。よって、カルメロースカルシウムをカルメロースナトリウムに変更すると、錠剤は崩壊しにくくなる。
2 正
ヒドロキシプロピルセルロースは結合剤である。よって、ヒドロキシプロピルセルロースの配合量を相対的に減らすと、素錠の硬度は下がりやすくなる。
3 誤
ステアリン酸マグネシウムは、滑沢剤である。キャッピングは滑沢剤の添加量が多いと起こりやすいため、ステアリン酸マグネシウムの配合量を相対的に減らすと、キャッピングが起こりにくくなる。
4 誤
ヒプロメロースは胃溶性コーティング剤であり、ヒプロメロースフタル酸エステルは腸溶性コーティング剤であり、ヒプロメロースをヒプロメロースフタル酸エステルに変更すると、日本薬局方崩壊試験第2液(pH約6.8)中において薬物Aの溶出が起こりやすくなる。
5 誤
酸化チタンは、遮光性に優れ、光に弱い主薬を紫外線から保護し、安定性を向上させることから、酸化チタンを除くと、錠剤に光を当てた際の主薬の安定性が低下する。

-第105回薬剤師国家試験

Copyright© yakugaku lab , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.