第105回薬剤師国家試験

第105回薬剤師国家試験 問173

第105回薬剤師国家試験 問173

薬物の胆汁中排泄に関する記述のうち、正しいのはどれか。2つ選べ。

1 肝実質細胞の胆管側細胞膜上に発現し、薬物や薬物の代謝物を胆汁中へ排出するトランスポーターの多くは、ATPの加水分解エネルギーを直接利用した輸送を行う。
2 一般に、分子量が小さい薬物ほど、胆汁中に排泄されやすい。
3 肝実質細胞から毛細胆管中に排出された薬物は、総胆管を経て十二指腸内に分泌される。
4 グルクロン酸抱合体となることで腸肝循環を受ける薬物は、腸内細菌がもつβ−グルクロニダーゼを阻害すると、血中濃度時間曲線下面積が増加する。
5 薬物の肝クリアランスは肝臓での代謝クリアランスで表され、胆汁中への排泄クリアランスは考慮されない。

 

 

 

 

 

解答・解説

解答
1、3

解説
1 正
肝実質細胞の胆管側細胞膜上には、ATPの加水分解エネルギーを直接利用して薬物や薬物の代謝物を胆汁中へ排出するトランスポーターが多く発現している。
2 誤
一般に、分子量500〜1500の薬物が胆汁中に排泄されやすい。
3 正
4 誤
グルクロン酸抱合体となることで腸肝循環を受ける薬物は、腸内細菌がもつβ−グルクロニダーゼを阻害すると、腸肝循環されにくくなるため、血中濃度時間曲線下面積が低下する。
5 誤
薬物の肝クリアランスは、肝臓での代謝クリアランスと胆汁中への排泄クリアランスの和で表される。

-第105回薬剤師国家試験

Copyright© yakugaku lab , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.