第105回薬剤師国家試験

第105回薬剤師国家試験 問169

第105回薬剤師国家試験 問169

薬物の吸収に関する記述のうち、正しいのはどれか。2つ選べ。

1 抗コリン薬は、胃内容排出速度を増大させ、経口投与された併用薬の最高血中濃度到達時間の短縮や最高血中濃度の上昇を引き起こす。
2 鼻粘膜は、重層扁平上皮細胞からなり、細胞間は密着結合により強固に結合しているため、バリアー機能は高く、高分子薬物の吸収部位としては不適である。
3 皮膚の角質層は皮膚を構成する層の中で最も厚いため、薬物の経皮吸収における最大の障壁となる。
4 口腔粘膜からの薬物吸収は、一般に受動拡散によって起こるが、その吸収速度は部位により異なり、舌下粘膜で大きい。
5 直腸下部からの薬物吸収は、門脈や肝臓を通過せずに全身循環に移行するため、肝初回通過効果を回避できる。

 

 

 

 

 

 

解答・解説

解答
4、5

解説
1 誤
抗コリン薬は、胃内容排出速度を減少させ、経口投与された併用薬の最高血中濃度到達時間の延長や最高血中濃度の低下を引き起こす。
2 誤
鼻粘膜は、鼻前庭、呼吸部、嗅部より構成されており、薬物の吸収は主に鼻腔下部の大部分を占めている呼吸部で行われる。呼吸部の粘膜上皮は多列線毛上皮が密に接着しているが、薄く、バリア能が低いため、一般に薬物の吸収は良好である。
3 誤
角質層(水分含量が少なく、薄い層)は、バリア機能を有しており薬物の経皮吸収の律速部位となる。
4 正
5 正

-第105回薬剤師国家試験

Copyright© yakugaku lab , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.