第105回薬剤師国家試験

第105回薬剤師国家試験 問160

第105回薬剤師国家試験 問160

ホルモン関連薬に関する記述のうち、正しいのはどれか。2つ選べ。

1 フルベストラントは、アロマターゼを阻害し、エストロゲンの産生抑制作用を示す。
2 アナストロゾールは、エストロゲン受容体を遮断し、排卵誘発作用を示す。
3 プロピルチオウラシルは、甲状腺ホルモン受容体を遮断し、甲状腺機能抑制作用を示す。
4 エプレレノンは、アルドステロン受容体を遮断し、利尿作用を示す。
5 トルバプタンは、バソプレシンV2受容体を遮断し、利尿作用を示す。

 

 

 

 

 

解答・解説

解答
4、5

解説
1 誤
フルベストラントは、主に乳腺で抗エストロゲン作用を示す。
2 誤
アナストロゾールは、アロマターゼを阻害し、エストロゲンの産生抑制作用を示す。
3 誤
プロピルチオウラシルは、ペルオキシダーゼを阻害し、甲状腺機能抑制作用を示す。
4 正
エプレレノンは、集合管及び遠位尿細管のアルドステロン受容体を阻害し、Naの再吸収を阻害することにより利尿作用を示す。
5 正
トルバプタンは、バソプレシンV2受容体を遮断作用し、パソプレシンによる水の再吸収を抑制することで利尿作用を示す。

-第105回薬剤師国家試験

Copyright© yakugaku lab , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.