第105回薬剤師国家試験

第105回薬剤師国家試験 問153

第105回薬剤師国家試験 問153

自律神経節遮断薬の効果とその説明に関する記述のうち、正しいのはどれか。2つ選べ。

1 唾液腺は副交感神経の支配が優位なため、口渇が起こる。
2 心臓は交感神経の支配が優位なため、心拍数が増加する。
3 消化管は副交感神経の支配が優位なため、消化管の緊張低下や便秘が生じる。
4 汗腺は交感神経の支配が優位なため、汗の分泌が増加する。
5 瞳孔は副交感神経の支配が優位なため、縮瞳が起こる。

 

 

 

解答・解説

解答
1、3

解説
自律神経節遮断薬の効果は、各臓器に対して優位に働く神経節に強く現れる。
交感神経が優位な臓器:血管、汗腺
副交感神経が優位な臓器:心臓、毛様体筋、消化管、膀胱、唾液腺
1 正
唾液腺は副交感神経の支配が優位な臓器である。そのため、自律神経節遮断薬を投与すると、副交感神経の作用が抑制され、唾液の分泌が抑制される(口渇が起こる)。
2 誤
心臓は副交感神経の支配が優位な臓器である。そのため、自律神経節遮断薬を投与すると、副交感神経の作用が抑制され、心機能亢進する(心拍数が増加する)。
3 正
消化管は副交感神経の支配が優位な臓器である。そのため、自律神経節遮断薬を投与すると、副交感神経の作用が抑制され、消化管の運動機能が低下する(消化管の緊張低下や便秘が生じる)。
4 誤
汗腺は交感神経の支配が優位な臓器である。そのため、自律神経節遮断薬を投与すると、交感神経の作用が抑制され、汗の分泌が低下する。
5 誤
瞳孔括約筋は副交感神経の支配が優位な臓器である。そのため、自律神経節遮断薬を投与すると、副交感神経の作用が抑制され、瞳孔括約筋が弛緩する(散瞳が起こる)。

-第105回薬剤師国家試験

Copyright© yakugaku lab , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.