第105回薬剤師国家試験

第105回薬剤師国家試験 問139

第105回薬剤師国家試験 問139

大気汚染物質の測定方法に関する記述のうち、正しいのはどれか。2つ選べ。

1 トリエタノールアミン・パラロザニリン法は、大気中の硫酸ミストを測定する方法である。
2 一酸化炭素の自動連続測定には、溶液導電率法が用いられる。
3 ザルツマン法による窒素酸化物の測定では、NO2はザルツマン試薬と直接反応しないため、NOに還元してから測定する。
4 中性ヨウ化カリウム法でI2を遊離する大気汚染物質は、オゾンなどの酸化性物質である。
5 浮遊粒子状物質の測定には、10µmより大きい粒子を除去する分粒装置が用いられる。

 

 

 

 

 

解答・解説

解答
4、5

解説
1 誤
トリエタノールアミン・パラロザニリン法は、大気中の硫黄酸化物を測定する方法である。
2 誤
一酸化炭素の自動連続測定には、赤外線吸収法が用いられる。
3 誤
ザルツマン法による窒素酸化物の測定では、NOはザルツマン試薬と直接反応しないため、NO2に酸化してから測定する。
4 正
中性ヨウ化カリウム法でI2を遊離する大気汚染物質は、オゾン、パーオキシアシルナイトレート(PAN)などの酸化性物質である。
5 正
浮遊粒子状物質(SPM)は、大気中に浮遊する粒子状物質であってその粒子径が10µm以下のものと定義されており、SPMを測定するためには、分粒装置を用いて採取する粉じんの大きさを10µm以下にする必要がある。

-第105回薬剤師国家試験

Copyright© yakugaku lab , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.