第105回薬剤師国家試験

第105回薬剤師国家試験 問137

第105回薬剤師国家試験 問137

水の浄化法に関する記述のうち、正しいのはどれか。2つ選べ。

1 緩速ろ過では、原水を極めて遅い速度で通水してろ過することにより、主に嫌気性微生物によるろ過膜が形成される。
2 緩速ろ過による水中の有機物の除去能は、急速ろ過より劣る。
3 水道法では、緩速ろ過、急速ろ過のいずれの場合も、塩素剤による消毒が義務付けられている。
4 薬品凝集沈殿では、凝集剤のポリ塩化アルミニウムの添加により、正電荷を持つ汚濁粒子を電気的に中和し、凝集塊として沈殿させる。
5 薬品凝集沈殿−急速ろ過は、我が国で最も多く利用されている浄化法である。

 

 

 

 

 

解答・解説

解答
3、5

解説
1 誤
緩速ろ過では、原水を極めて遅い速度で通水してろ過することにより、主に好気性微生物によるろ過膜が形成され、濁りや細菌、有機物などを効率的に除去できる。
2 誤
緩速ろ過では、好気性微生物による有機物の分解が起こるため、水中の有機物の除去能は、急速ろ過より優れている。
3 正
水道法では、緩速ろ過、急速ろ過のいずれの場合も、塩素剤による消毒を行うこととされている。
4 誤
凝集剤であるポリ塩化アルミニウムは、水中で陽イオンとなり負電荷を持つ汚濁粒子を電気的に中和し、凝集塊として沈殿させる。
5 正
薬品凝集沈殿−急速ろ過は、狭い敷地面積で大量の水をろ過できるため、我が国で最も多く利用されている。

-第105回薬剤師国家試験

Copyright© yakugaku lab , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.