第105回薬剤師国家試験

第105回薬剤師国家試験 問119〜121

第105回薬剤師国家試験 問119〜121

健康な成人における糖質の消化・吸収過程について、消化管における糖質の消化のプロセス(図1)、小腸粘膜上皮細胞におけるグルコースの輸送過程(図2)及び糖尿病治療薬アカルボースの構造式(図3)を示した。以下の問いに答えよ。

問119(衛生)

消化管における糖質の消化・吸収に関する記述のうち、正しいのはどれか。2つ選べ。

1 酵素Aは膵臓ランゲルハンス島B細胞で合成・分泌される。
2 酵素Bは小腸粘膜上皮細胞の管腔側の膜に存在する。
3 ラクトースは、グルコースとガラクトースがα1→4結合で結合している。
4 マルトースやラクトースは小腸で直接吸収されない。
5 アカルボースは、酵素Bと酵素Cの活性を阻害する。

 

 

 

 

 

解答・解説

解答
2、4

解説
1 誤
酵素Aはα−アミラーゼであり、膵臓の腺房細胞で合成され、外分泌腺より分泌される。
2 正
酵素Bはマルターゼであり、小腸上皮細胞の管腔側の膜に存在する。
3 誤
ラクトースは、グルコースとガラクトースがβ1→4結合で結合している。
4 正
マルトースやラクトースは2糖類であり、小腸で直接吸収されない。なお、マルトースはグルコースに、ラクトースはガラクトースとグルコースに分解され吸収される。
5 誤
アカルボースは、酵素A(α−アミラーゼ)、酵素B(α−グルコシダーゼ)の活性を阻害するが、酵素C(β−ガラクトシダーゼ)の活性は阻害しない。

 問120(物理・化学・生物)
 小腸粘膜上皮細胞における糖の輸送過程に関する記述のうち、正しいのはどれか。2つ選べ。

1 ガラクトースは、単純拡散により細胞膜を通過して細胞内に取り込まれる。
2 輸送体Dは、細胞内外のNaの濃度勾配を利用して、グルコースを細胞内に取り込む。
3 輸送体Dは、マルトースの輸送体としても働く。
4 輸送体Eは、ATPの加水分解により得られたエネルギーを利用して、グルコースを毛細血管側に輸送する。
5 輸送体Fは、ATPの加水分解により得られたエネルギーを利用して、K(イオン1)を細胞内に、Na(イオン2)を細胞外に輸送する。

 

 

 

 

 

 

解答・解説

解答
2、5

解説
1 誤
ガラクトースは、能動輸送により細胞膜を通過して細胞内に取り込まれる。
2 正
輸送体D(Na−グルコース共輸送体:SGLT)は、Naの濃度勾配を利用して、グルコースを細胞内に取り込む。
3 誤
輸送体D(Na−グルコース共輸送体:SGLT)は、グルコース、ガラクトースの輸送体として働くが、マンノースを輸送することはできない。
4 誤
輸送隊E(GULT)は、ATPの加水分解により得られたエネルギーを利用せず、グルコースを毛細血管側に輸送する。
5 正
輸送体F(Na,K−ATPase)は、ATPの加水分解により得られたエネルギーを利用して、K(イオン1)を細胞内に、Na(イオン2)を細胞外に輸送する。

問121(物理・化学・生物)
α–グルコシダーゼ阻害薬であるアカルボースに関する記述のうち、誤っているのはどれか。1つ選べ。

1 マルトース型の部分構造が含まれる。
2 破線で囲んだ部分の結合様式はβ1→4結合である。
3 水に溶けやすい。
4 ヘミアセタール構造をもつため、フェーリング試液による沈殿反応を示す。
5 p–ベンゾキノン試液による呈色反応を示す。

 

 

 

 

 

解答・解説

解答
2

解説
1 正しい
アカルボースにはマルトース型の部分構造が含まれている。

2 誤っている
破線で囲んだ部分の結合様式はα1→4結合である。
3 正しい
アカルボースには、−OH基が多く水に溶けやすい。
4 正しい
図3の右端部分がヘミアセタール構造(同一の炭素に−OH基とエーテル結合を1個ずつ含んだ構造)であり、酸素原子と炭素原子の結合が切れてアルデヒド基が生じるため、フェーリング試薬による沈殿反応を示す。
5 正しい
アカルボースの確認試験にp–ベンゾキノン試液による呈色反応(赤褐色を呈する)が行われる。

-第105回薬剤師国家試験

Copyright© yakugaku lab , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.