第105回薬剤師国家試験

第105回薬剤師国家試験 問113

第105回薬剤師国家試験 問113

哺乳類細胞におけるコレステロール及びその代謝に関する記述のうち、正しいのはどれか。2つ選べ。

1 コレステロールの3位のヒドロキシ基に脂肪酸が結合したコレステロールエステルは、コレステロールよりも親水性が高い。
2 コレステロール分子中の全ての炭素原子はアセチルCoAに由来する。
3 コレステロールの生合成過程において、メバロン酸1分子の合成には、4分子のアセチルCoAが必要である。
4 細胞内のコレステロール量が増加すると、3–ヒドロキシ–3–メチルグルタリルCoA(HMG–CoA)還元酵素遺伝子の転写が促進される。
5 コレステロールは、ステロイドホルモンや胆汁酸の前駆体となる。

 

 

 

 

 

 

解答・解説

解答
2、5

解説
1 誤
コレステロールの3位のヒドロキシ基に脂肪酸が結合したコレステロールエステルは、コレステロールよりも親水性が低い。
2 正
コレステロールの生合成は、主に肝臓や小腸の小胞体やミトコンドリアと細胞質で行われ、はじめにアセチルCoAが2分子縮合し、アセトアセチルCoAとなり、もう1分子のアセチルCoAが縮合してHMG−CoAを経てメバロン酸となる。その後、メバロン酸はイソペンテニルピロリン酸となり、ファルネシルピロリン酸→スクアレン→ラノステロールを経て、コレステロールが合成される(コレルテロール合成過程でアセチルCoA以外から構造中に炭素が組み込まれることはない)。
3 誤
コレステロールの生合成過程において、メバロン酸1分子の合成には、3分子のアセチルCoAが必要である。
4 誤
細胞内のコレステロール量が増加すると、3–ヒドロキシ–3–メチルグルタリルCoA(HMG–CoA)還元酵素遺伝子の転写が抑制され、コレステロール合成が抑制される。
5 正
コレステロールは、副腎、生殖腺などでステロイドホルモンとなり、肝臓で胆汁酸となる。

 

-第105回薬剤師国家試験

Copyright© yakugaku lab , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.