第105回薬剤師国家試験

第105回薬剤師国家試験 問111

第105回薬剤師国家試験 問111

図は視床下部−下垂体系を模式的に示したものである。下垂体の部位A又はBにおけるホルモンの分泌調節に関する記述のうち、正しいのはどれか。2つ選べ。

1 Aから分泌されるホルモンは、視床下部ホルモンにより分泌調節される。
2 ソマトスタチンは、Aからの成長ホルモンの分泌を促進する。
3 ゴナドトロピン放出ホルモンは、Aからのオキシトシンの分泌を促進する。
4 バソプレシンは、視床下部で合成され、Bから分泌される。
5 ドパミンは、Bからのプロラクチンの分泌を抑制する。

 

 

 

 

 

 

解答・解説

解答
1、4

解説
下垂体の部位Aは下垂体前葉、部位Bは下垂体後葉である。下垂体前葉ホルモンは視床下部で産生・分泌される視床下部ホルモンにより刺激を受けると分泌される。それに対して、下垂体後葉ホルモンは視床下部で産生され下垂体後葉で貯蔵・分泌される。
1 正
前記参照
2 誤
ソマトスタチンは、成長ホルモン放出抑制ホルモン(GHRIH)であり、A(下垂体前葉)からの成長ホルモンの分泌を抑制する。
3 誤
オキシトシンはB(下垂体後葉)から分泌される。
4 正
バソプレシンは、視床下部で合成され、B(下垂体後葉)から分泌される。
5 誤
ドパミンは、A(下垂体前葉)からのプロラクチンの分泌を抑制する。

-第105回薬剤師国家試験

Copyright© yakugaku lab , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.