第105回薬剤師国家試験

第105回薬剤師国家試験 問110

第105回薬剤師国家試験 問110 

骨の成長とリモデリングに関する記述のうち、正しいのはどれか。2つ選べ。

1 骨基質の生成に必要なコラーゲンは、主に骨細胞から分泌される。
2 骨芽細胞は、アルカリホスファターゼの作用により、石灰化に必要なリン酸の局所濃度を上昇させる。
3 破骨細胞は、骨基質を分解する働きをもつ。
4 エストロゲンは、思春期において骨芽細胞の働きを抑制する。
5 カルシトニンは、破骨細胞を活性化する。

 

 

 

 

 

 

解答・解説

解答
2、3

解説
1 誤
骨基質の生成に必要なコラーゲンは、骨芽細胞から分泌される。
2 正
骨芽細胞膜に存在するアルカリホスファターゼは、リン酸化合物を分解する作用を有しており、石灰化に必要なリン酸の局所濃度を上昇させる。
3 正
破骨細胞は、リソソームや酸性ホスファターゼにより骨基質を分解する。
4 誤
エストロゲンは、骨芽細胞の働きを促進する共に破骨細胞の働きを抑制する。
5 誤
カルシトニンは、破骨細胞の働きを抑制し、骨吸収を抑制する。

-第105回薬剤師国家試験

Copyright© yakugaku lab , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.