第105回薬剤師国家試験

第105回薬剤師国家試験 問105

第105回薬剤師国家試験 問105

一酸化窒素及び生体内における一酸化窒素の生成に関する記述のうち、正しいのはどれか。1つ選べ。

1 アミノ酸AはL−グルタミンである。
2 一酸化窒素は2つの不対電子をもち、常磁性を示す。
3 一酸化窒素の窒素原子の酸化数は+1である。
4 一酸化窒素の酸素原子は酸素分子(O2)由来である。
5 化合物BはL−オルニチンである。

 

 

 

 

 

 

解答・解説

解答
4

解説
 NOは、生体内の一酸化窒素合成酵素(NOS)によってL−アルギニン(アミノ酸A)から生合成される。

1 誤
前記参照
2 誤
一酸化窒素は1つの不対電子をもち、常磁性を示す。

3 誤
<化合物中の原子の酸化数の求め方>
①:単体(水素ガスや黒鉛など)を構成する原子の酸化数は「0」である。
②:化合物中の水素原子の酸化数は「+1」である。
③:化合物中の酸素原子の酸化数は「-2」である。
④:中性分子の分子全体の酸化数は「0」であり、成分原子の酸化数の総和と等しい。
⑤:単原子イオンの酸化数は、そのイオンの価数と等しい。
⑥:多原子イオン全体の酸化数は、成分原子の酸化数の総和に等しく、そのイオンの価数と等しい。⑦:A−Bの結合における、A、Bの酸化数
電気陰性度:A=Bのとき、「A、B:0」
電気陰性度:A>Bのとき、「A:-1、B:+1」
③、④より、一酸化窒素の窒素原子の酸化数は「+2」である。
4 正
5 誤
化合物Bは、L−シトルリンである。

-第105回薬剤師国家試験

Copyright© yakugaku lab , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.