第104回薬剤師国家試験 問38

第104回薬剤師国家試験 問38

プロスタノイド TP受容体を遮断することで、抗アレルギー作用を示すのはどれか。1つ選べ。

1 プランルカスト
2 オザグレル
3 セラトロダスト
4 クロモグリク酸
5 メキタジン

 

 

 

 

解答・解説

解答
3


解説
選択肢のうち、プロスタノイド TP受容体(トロンボキサンA2受容体)を遮断することで、抗アレルギー作用を示すのは「セラトロダスト」である。
1 誤
プランルカストは、ロイコトリエン受容体遮断薬であり、ロイコトリエン受容体を遮断し、ロイコトリエンの作用を抑制することで抗アレルギー作用を示す。
2 誤
オザグレルは、トロンボキサン合成酵素を阻害し、TXA2産生を抑制することで抗アレルギー作用を示す。
3 正
4 誤
クロモグリク酸は、肥満細胞へのCa2の流入を抑制し、ケミカルメディエーター(ヒスタミンやロイコトリエンなど)の遊離を抑制することで抗アレルギー作用を示す。
5 誤

メキタジンは、ヒスタミンH1受容体を遮断することで抗アレルギー作用を示す。