第104回薬剤師国家試験

第104回薬剤師国家試験 問338

第104回薬剤師国家試験 問338

73 歳男性。かすみ目を訴えて受診し、以下の処方箋を持って薬局を訪れた。

患者によると、以前、薬局で購入した一般用医薬品(第二類医薬品)八味丸が有効だった経験があり、医師にその空き箱を見せて相談したとのことであった。患者は両薬剤の違いについて気にしていた。八味丸と八味丸エキス顆粒の違いとして適切なのはどれか。2つ選べ。

1 八味丸の方が八味丸エキス顆粒より繊維質の含有量が多い。
2 八味丸の方が八味丸エキス顆粒より全体量に対する水溶性成分が多い。
3 八味丸の方が八味丸エキス顆粒より全体量に対する脂溶性成分が多い。
4 八味丸エキス顆粒は構成生薬を粉末にし、混合して製造する。
5 八味丸は八味丸エキス顆粒にハチミツを加えて丸くして製造する。

 

 

 

 

解答・解説

解答
1、3


解説
八味丸は生薬末製剤であり、八味丸エキス顆粒はエキス製剤である。八味丸は、構成生薬の粉末にハチミツを加えて丸くして製造する。それに対して、八味丸エキス顆粒は、構成生薬より得られる浸出液を濃縮または乾燥することにより製造する。
1 正
八味丸は構成生薬を細かく砕いて生薬末として使用しているため、浸出液より製造する八味丸エキス顆粒より多くの繊維質を含む。
2 誤
八味丸エキス顆粒は、抽出液を濃縮または乾燥することにより製造するため、八味丸に比べ水溶性成分を多く含む。それに対して、八味丸は浸出を行なっていないため、八味丸エキスに比べ脂溶性成分を多く含む。
3 正
4 誤
前記参照
5 誤
前記参照

-第104回薬剤師国家試験

Copyright© yakugaku lab , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.