第104回薬剤師国家試験

第104回薬剤師国家試験 問331

第104回薬剤師国家試験 問331

以下のレジメンを肺がん患者(体表面積1.70 m2)に適用することになり、薬剤師がミキシングを行うこととなった。 1バイアルあたり500 mg充填されているペメトレキセド(凍結乾燥品)を使用し、1バイアルあたり20 mLの生理食塩液で溶解する場合、ペメトレキセドの1日当たりの投与量(薬液量)として正しいのはどれか。1つ選べ。

1 14 mL
2 20 mL
3 34 mL
4 40 mL
5 68 mL

 

 

 

 

解答・解説

解答
3


解説
本剤を溶解するためには1バイアル(ペメトレキセド500 mg含有)あたり20 mLの生理食塩液が必要であることから、溶解後の薬液中のペメトレキセドの濃度は、25 mg/mLとなる。本患者の体表面積は1.70 m2であることから、ペメトレキセドを850 mg(500 mg/m2×1.70 m2)に相当する薬液量34 mL(850 mg÷25 mg/mL)を投与する必要がある。

-第104回薬剤師国家試験

Copyright© yakugaku lab , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.