第104回薬剤師国家試験 問327

第104回薬剤師国家試験 問327

58歳男性。仕事が忙しくきちんと食事をとれていなかった。 2日前から、下肢の筋肉けいれんが頻発するため病院を受診した。血液検査の結果、低カルシウム血症(血清カルシウム値7.0 mg/dL)であることが判明し、医師は下記の薬剤を処方した。処方に基づいて調製された輸液のカルシウム濃度(mEq/mL)に最も近い値はどれか。1つ選べ。ただし、グルコン酸カルシウム水和物の分子式は C12H22CaO14・H2O、分子量は448.4、カルシウムの原子量は40とする。

1 0.38
2 0.19
3 0.076
4 0.038
5 0.019

 

 

 

 

 

 

解答・解説

解答
4


解説
グルコン酸カルシウム水和物の分子量は448.4であることから、グルコン酸カルシウム注射液8.5% 1アンプル中に含まれるグルコン酸カルシウム水和物の物質量を以下のように求めることできる。

グルコン酸カルシウム水和物の物質量=850 mg÷448.4 g/mol=1.9 mmol

グルコン酸カルシウム水和物の中には、カルシウムが1つ含まれているため、グルコン酸カルシウム注射液8.5% 1アンプル中に含まれるカルシウムは1.9 mmolであると考えられる。

電解質量(mEq)は、「モル濃度×電荷」より算出することができるため、グルコン酸カルシウム注射液8.5% 1アンプル中に含まれるカルシウムの電解質量(mEq)を以下のように算出することができる。

カルシウムの電解質量=カルシウムの物質量×カルシウムの電荷=1.9 mmol×2=3.8 mEq

本設問では、グルコン酸カルシウム注射液8.5% 1アンプル(10 mL)に生理食塩液を90 mL添加し、輸液を調製しているため、輸液の容積は100 mLとなる。このことから、処方に基づいて調製された輸液のカルシウム濃度(mEq/mL)は3.8 mEq÷100 mL=0.038 mEq/mLとなる。