第104回薬剤師国家試験 問294〜295

第104回薬剤師国家試験 問294〜295

50歳男性。身長168 cm、体重98 kg。10年前より2型糖尿病を指摘されていたが未治療であった。健康診断の結果、糖尿病の教育入院となった。入院時に日常生活について聴取したところ、患者は1人暮らしで間食や糖質を多く含む炭酸飲料の摂取が多かった。夕食時には大量飲酒を行うなど、食生活が乱れていた。日常あまり運動していなかった。
入院時の検査値は、血圧140/82 mmHg、HbA1c 9.3%(NGSP値)、随時血糖234 mg/dL、血清クレアチニン 0.51 mg/dL、T–Bil 0.7mg/dL、AST 60 U/L、ALT 52 U/L、γ−GTP 130U/L、尿糖(+++)、尿タンパク(-)であった。
入院後、以下の薬剤が処方された。


問294(病態・薬物治療)
本症例では日常生活が乱れていることから、運動療法を併せて指導することとなった。この患者の運動療法に関する記述のうち、適切なのはどれか。2つ選べ。

1 運動時の脈拍数は100〜120拍/分以内に留めるように勧める。
2 増殖性網膜症を発症して重症化しても運動療法を継続する。
3 歩行運動を指導した場合は、消費カロリー分の食事量を増やすよう勧める。
4 肝機能障害があるため、空腹時(食前)の運動を勧める。
5 インスリン感受性を高めるため、有酸素運動を勧める。

 

 

 

 

 

解答・解説

解答
1、5


解説
1 正
糖尿病患者には、安全性と運動効果の観点から「中強度」の運動が推奨されている。糖尿病の運動療法における適度な脈拍数の目安を以下に示す。
59歳以下:120拍/分
60歳以上:100拍/分
2 誤
増殖性網膜症を発症している場合、運動による血圧変動により増殖性網膜症が悪化する場合があるため、高強度の有酸素運動やレジスタンス運動(筋力トレーニング)を避けることとされている。
3 誤
本患者はBMI(98÷1.682≒34.7)が高く、肥満であることから、減量する必要がある。そのため、歩行運動で消費したカロリー分の食事量を増やす必要はない。
4 誤
経口血糖降下薬を服用中やインスリン使用中の患者が空腹時に運動を行うと低血糖を起こすことがあるため、空腹時の運動を避ける必要がある。なお、本患者のように肝機能が低下している患者では糖新生が起こりにくいため、空腹時に運動すると低血糖を誘発しやすい。
5 正
有酸素運動やレジスタンス運動(筋力トレーニング)を行うことにより、インスリン感受性が高まり、血糖コントロールが良好になることがある。


問295(実務)
治療により、血糖コントロールが良好となったため退院し、下記の処方で治療を継続することとなった。この患者の退院時に薬剤師が行う説明として適切なのはどれか。2つ選べ。

1 多尿・頻尿が見られても水分補給は控えること。
2 嘔吐や腹痛の場合は、連絡すること。
3 高所作業や自動車の運転等には注意すること。
4 処方5を注射し忘れた場合は、次回投与日に2回分を注射すること。
5 タンパク質制限をした食事を摂取すること。

 

 

 

 

解答・解説

解答
2、3


解説
1 誤
ダパグリフロジンプロピレングリコール水和物は、SGLT−2阻害薬であり、副作用として多尿、頻尿による脱水を引き起こしやすいため、ダパグリフロジンプロピレングリコール水和物を服用中は、水分補給を積極的に行う必要がある。
2 正
デュラグルチドは重大な副作用として、急性膵炎や腸閉塞を起こすことがあるため、その初期症状である嘔吐や腹痛が現れた場合には、医師または薬剤師に連絡するように説明する必要がある。
3 正
両薬剤とも低血糖を誘発する可能性があるため、高所作業や自動車の運転等には注意するよう説明する必要がある。
4 誤
デュラグルチドを注射し忘れた場合の対処法について以下に示す。
投与を忘れた場合は、次回投与までの期間が3日間(72時間)以上であれば、気づいた時点で直ちに投与し、その後あらかじめ定めた曜日に投与すること。次回投与までの期間が3日間(72時間)未満であれば投与せず、次のあらかじめ定めた曜日に投与すること。
5 誤
本患者は、食生活が乱れていることから、栄養バランスのいい食事を摂取する必要がある。なお、タンパク質制限をした食事をする必要があるのは慢性腎不全の患者であり、本患者のように腎機能に問題ない(血清クレアチニンが基準値範囲内にある)場合は、タンパク質制限をした食事を摂取する必要はない。