第104回薬剤師国家試験

第104回薬剤師国家試験 問280〜281

第104回薬剤師国家試験 問280〜281

80歳女性。老人福祉施設に入所中に仙骨部に褥瘡を認めた。経過を観察していたが、改善しなかったため、褥瘡の治療目的で入院となった。入院当初、創部は滲出液が多く、黒色の壊死組織を伴っていた。


問280(薬剤)
患者の創部に塗布する外用剤の基剤として最も適しているのはどれか。1つ選べ。

1 白色ワセリン
2 単軟膏
3 流動パラフィン
4 サラシミツロウ
5 マクロゴール軟膏

 

 

 

 

解答・解説

解答
5


解説
本症例では、創部の滲出液が多いことから、滲出液を吸収する基剤を選択する必要がある。マクロゴールは、水溶性基剤であり吸水作用を有するため、本症例のような滲出液の多い創部に用いられる。なお、白色ワセリン、単軟膏、流動パラフィン、サラシミツロウは油脂性基剤であり、吸水作用を有しないため、本症例のような滲出液の多い創部に用いられない。


問281(実務)

2週間後の褥瘡対策チームによる回診で、患者の創部に壊死組織はほとんど見られず、滲出液の減少、赤色期の肉芽形成の開始が確認された。褥瘡対策チームの薬剤師は、今後の治療で必要な外用剤の提案を求められた。推奨する薬剤として適切なのはどれか。2つ選べ。

1 トレチノイン トコフェリル軟膏
2 フラジオマイシン硫酸塩・結晶トリプシンパウダー
3 ヨードホルムガーゼ
4 ブロメライン軟膏
5 アルプロスタジル アルファデクス軟膏

 

 

 

 

 

解答・解説

解答
1、5


解説
褥瘡の病期は、4期(黒色期、黄色期、赤色期、白色期)に分類され、状態に合わせた治療薬が選択される。黒色期〜黄色期では「壊死組織の除去と感染制御」、赤色期〜白色期では「創面の改善や水分の保持」を治療目標として治療薬を選択する。

1 正
トレチノイン トコフェリル軟膏は、皮膚線維芽細胞増殖作用、肉芽中の結合組織成分増加作用を有していることから創面の改善を目的として使用される。
2 誤
フラジオマイシン硫酸塩・結晶トリプシンパウダーは、抗菌作用及びタンパク質分解作用を有していることから感染予防及び壊死組織の除去を目的として用いられる。
3 誤
ヨードホルムガーゼは、殺菌作用を有していることから創面を殺菌する目的で用いられる。
4 誤
ブロメライン軟膏は、タンパク質分解作用を有していることから壊死組織の除去を目的として用いられる。
5 正
アルプロスタジル アルファデクス軟膏は、局所循環改善作用、肉芽・上皮形成作用を有していることから創面の改善を目的として使用される。

-第104回薬剤師国家試験

Copyright© yakugaku lab , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.