第104回薬剤師国家試験 問272〜273

第104回薬剤師国家試験 問272〜273

36歳男性。10年前に双極性障害の診断を受け、処方1による治療を行っている。

患者は、10日前に腰痛により自宅近くの整形外科を受診し、処方2の薬剤の服用を開始した。

2日前より下痢や嘔吐が出現し、今朝、ふらつきと発語困難を生じたため、緊急搬送された。リチウムの血清中濃度は、2.2 mEq/L(血中濃度1.8 mEq/Lに相当)と測定された。薬剤師が残薬を確認したところ、指示どおりの服薬状況であった。


問272(実務)

この患者への対応において、薬剤師が行うべき提案のうち、適切なのはどれか。2つ選べ。

1 球形吸着炭の投与
2 D−マンニトール注射液の投与
3 補液の投与
4 アセチルシステイン内用液の投与
5 炭酸リチウム錠の投与

 

 

 

 

 

 


解答
2、3


解説
本症例では、炭酸リチウム服用中にロキソプロフェンを併用することにより、リチウムの血中濃度が上昇し、リチウム中毒(嘔吐、下痢などの消化器症状、めまいなどの中枢神経症状)が生じたと考えられる。リチウム中毒の処置方法を以下に示す。
<リチウム中毒の処置方法>
投与を中止し、感染症の予防、心・呼吸機能の維持とともに補液、利尿剤(マンニトール、アミノフィリン等)等により本剤の排泄促進、電解質平衡の回復を図ること。利尿剤に反応しない場合や腎障害が認められる場合は、血液透析を施行すること。血液透析を施行する場合は、施行後に低下した血清リチウム濃度が再上昇することがあるので、施行後血清リチウム濃度測定を行い再上昇がみられた場合には、再度血液透析等の適切な処置を行うこと。


問273(薬剤)
 緊急搬送時でのこの患者におけるリチウムの全身クリアランス(L/hr)に最も近い値はどれか。1つ選べ。ただし、計算には血中濃度を用い、測定したリチウム濃度は定常状態における平均濃度であるものとする。また、リチウムのバイオアベイラビリティは100%とし、炭酸リチウム(Li2CO3)の分子量は73.9である。

1 0.19
2 0.38
3 1.8
4 4.5
5 9.0

 

 

 

 

 

 


解答
2


解説

繰り返し投与では下記の式が成立する。

<炭酸リチウムの血中濃度を求める>
「mEq=mmol×電荷」であることから、リチウムイオンの血中濃度が1.8 mEq/Lであるとき、血液中には1.8 mmol/Lのリチウムイオンが含まれていると考えられる。また、炭酸リチウム(Li2CO3)には、リチウムイオンが2つ含まれていることから、1.8 mmol/Lのリチウムイオンに相当する炭酸リチウムは0.9 mmol/Lであると考えられる。
炭酸リチウムの分子量が73.9であることから、0.9 mmol/L炭酸リチウムは、73.9 g/mol×0.9 mmol/L≒66.5mg/Lに相当する。

<全身クリアランスを求める>
本症例では、1日当たり600mgの炭酸リチウムを投与していることから、D=600mg、τ=24hであり、バイオアベリラビリティ100%であることから、F=1となる。また、血中濃度が66.5mg/Lであることから、以下のように全身クリアランスを求めることができる。