第104回薬剤師国家試験 問252〜253

第104回薬剤師国家試験 問252〜253

79 歳女性。この3年間、心不全(NYHA Ⅲ度)に対して同一の薬剤で薬物治療を行ってきた。この度、体動時の息切れがひどくなり、精査加療のために入院となった。検査の結果、体液貯留と浮腫の増悪が認められた。カンファレンスで 薬物治療が再検討され、新たに1つの薬剤が追加となった。検討後の処方内容は以下のとおりである。

 

問252(実務)
追加された薬剤の投与開始日から、頻回に測定する必要性が最も高い検査値はどれか。1つ選べ。

1 血清ナトリウム濃度
2 血清カリウム濃度
3 血清クレアチニン値
4 血清アルブミン値
5 PT−INR値


問253(薬理)
この患者の背景から新たに追加された薬物の作用機序を踏まえ、前問の検査値を測定する理由として適切なのはどれか。1つ選べ。

1 バソプレシンV2受容体を遮断することで、電解質の排泄を伴わない利尿効果が現れ、高ナトリウム血症を引き起こす可能性がある。
2 アルドステロン受容体を遮断することで、Kの排泄が抑制され、高カリウム血症を引き起こす可能性がある。
3 アンジオテンシンII AT1受容体を遮断することで、血清クレアチニン値の上昇を特徴とする腎機能障害を引き起こす可能性がある。
4 ヘンレ係蹄上行脚の Na/K/2Cl共輸送系を阻害することで、血清アルブミン値の低下を特徴とするネフローゼ症候群を引き起こす可能性がある。
5 ビタミンKの作用に拮抗することで、プロトロンビン時間が延長し、出血のリスクが高まる可能性がある。

 

 

 

 

 


解答

問252: 1
問253: 1


解説
通常、心不全(NYHA Ⅲ度)に対しては、抗アルドステロン薬、ループ利尿薬が用いられることから、本症例では、フロセミド、スピロノラクトンを服用していたが、水分の排泄がうまくいかず、体液貯留と浮腫の増悪が認められたため、トルバプタンが追加されたと推察される。
<参考:トルバプタンの適応症>
ループ利尿薬等の他の利用薬で効果不十分な心不全における体液貯留
トルバプタンは、バソプレシンV2受容体を遮断することで、電解質の排泄を伴わない利尿効果が現れることから、高ナトリウム血症を引き起こす可能性があるため、投与開始日から、頻回に血清ナトリウム濃度を測定することとされている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA