第104回薬剤師国家試験 問216〜217

第104回薬剤師国家試験 問216〜217

78歳女性。体重45 kg。骨粗しょう症、うつ病及び不眠症のため下記の処方薬を服用していた。最近、食欲がなくなり、とても体がだるいとの訴えを聞いた家族が、この女性を通院中の病院に連れて来たところ、そのまま入院となった。

入院時の検査の結果、低ナトリウム血症、低浸透圧血症、尿中ナトリウム高値、 高張尿が見られた。しかし、脱水症状は無く、腎機能及び副腎皮質機能が正常であり、上記以外の疾患はなかった。その結果、抗利尿ホルモン不適合分泌症候群(SIADH)と診断された。診断した医師から薬剤師に薬学的管理について相談があった。


 問216(実務)
この患者の薬学的管理に関する提案として適切なのはどれか。2つ選べ。

1 アルファカルシドールカプセルの中止
2 パロキセチン錠の中止
3 ゾピクロン錠の中止
4 塩化ナトリウムの投与
5 積極的な水分摂取


問217(物理・化学・生物)
この患者の検査結果で見られた異常の原因として適切なのはどれか。1つ選べ。

1 腎臓の集合管におけるプロテインキナーゼA活性の阻害
2 腎臓の集合管での水分の再吸収の促進
3 腎臓のヘンレループ上行脚における Na/K/2Cl共輸送体の阻害
4 腎臓のヘンレループ下行脚での水分の再吸収の促進

5 下垂体後葉からの抗利尿ホルモン(バソプレシン)分泌の抑制

 

 

 

 

 

 

 

 


問216:解答
2、4

問217:解答
2


解説
抗利尿ホルモン不適合分泌症候群(SIADH)では、抗利尿ホルモン(バソプレシン)が持続的分泌され、腎臓の集合管で水分の再吸収が促進されることにより低ナトリウム血症、低浸透圧血症、尿中ナトリウム高値、 高張尿が認められる。
本症例では、うつ病、不眠症以外の疾患がなく、SIADHと診断されていることから、薬剤性SIADHであると推察される。薬剤性SIADHでは、原因薬物を中止するとともに低ナトリウム血症を解消する目的で塩化ナトリウムを投与する必要がある。処方薬のうち、パロキセチン錠は重大な副作用としてSIADHを起こすとの報告があることから、パロキセチン錠を中止し、塩化ナトリウムを投与する必要がある。