第104回薬剤師国家試験 問204〜205

第104回薬剤師国家試験 問204〜205

25 歳男性。造血幹細胞移植6ヶ月目で移植片対宿主病(GVHD)を発症し、閉塞性細気管支炎と診断されたため、入院し酸素療法を開始した。体温38.2°C、動脈血酸素飽和度は85%、動脈血二酸化炭素分圧(PaCO2)38 Torr、動脈血pH7.4である。なお、患者は免疫抑制剤としてタクロリムスを服用している。


問204(実務)
この患者の病態及び治療として正しいのはどれか。2つ選べ。

1 GVHDは、移植した組織を宿主のT細胞が攻撃することで発症する。
2 GVHD の急性期の治療には、メチルプレドニゾロンの短期間大量投与が必要である。
3 造血幹細胞の再移植が必要である。
4 タクロリムスを減量する必要がある。
5 気管支拡張薬としてβ2刺激薬を用いる。

 

 

 

 

 

 

 

 


解答
2、5


解説
1 誤
GVHDは、移植した組織に含まれるT細胞が宿主細胞を攻撃することで発症する。
2 正
GVHDの急性期の治療には、メチルプレドニゾロンの大量投与が有効であるとされている。
3 誤
GVHDが認められた場合、造血幹細胞を再移植することはない。なお、白血病が再発した場合には、造血幹細胞を再移植することがある。
4 誤
造血幹細胞移植後タクロリムスを投与する場合、GVHDが認められないときは徐々に減量を行うが、本症例では、GVHDを発症しているためタクロリムスの減量を行わない。
5 正
GVHDにより閉塞性細気管支炎が認められた場合には、気管支拡張薬(アドレナリンβ2受容体刺激など)を用いる。 


問205(物理・化学・生物)
呼吸器疾患患者の病態を把握するには動脈血酸素分圧(PaO2)とヘモグロビン酸素飽和度の関係(下図)を理解することが重要である。実線は、正常pH(7.4)血液のヘモグロビン酸素飽和度を表し、点線は、低pH(7.2)血液のヘモグロビン酸素飽和度を表す。また、動脈血酸素飽和度はヘモグロビン酸素飽和度と同じとする。健常者及び前問の患者におけるガス交換や動脈血液ガスに関する記述のうち、正しいのはどれか。2つ選べ。

なお、標準大気圧(1.013×105 Pa)は上空から地上までに1 m2あたり約1×104kgの気体が存在している状態である。水銀の密度は13.5 g/mLである。

1 常温、常圧における吸気と呼気の成分気体の分圧は、吸気と呼気中の成分気体分子のモル比に比例する。
2 医療現場で汎用される圧力の単位Torr は水銀柱の高さで圧力を示すものであり、標準大気圧は 1013 Torr となる。
3 この患者の PaO2は約40 Torr程度であると推定される。
4 同じPaO2の場合、PaCO2が増加するとヘモグロビンの酸素飽和度は低下する。
5 酸素療法を開始した後の PaO2とヘモグロビン酸素飽和度の関係は、図の点線に近づく。

 

 

 

 

 

 


解答
1、4


解説
1 正
常温、常圧において、混合気体の各成分の分圧は、気体分子のモル比に比例する。
2 誤
Torr(トル)は、圧力の単位であり、1Torrは、水銀を入れた容器にガラス管を入れたときに水銀柱1mm(ミリメートル)上昇させる圧力を表している。標準大気圧において、水銀を入れた容器にガラス管を入れると、水銀柱の高さが760 mm(ミリメートル)になることから、標準大気圧は 760 Torr となる。
3 誤
この患者の動脈血酸素飽和度(ヘモグロビン酸素飽和度)が85%、動脈血pHが7.4であることから、設問のグラフよりPaO2は約60 Torr程度であると推定される。

4 正
PaCO2が増加すると動脈血のpHが低下する。このことから、設問のグラフより、同じPaO2の場合、PaCO2が増加すると(動脈血のpHが低下すると)ヘモグロビンの酸素飽和度は低下すると読み取ることができる。

5 誤
酸素療法を開始することにより、ヘモグロビン酸素飽和度が上昇するため、 PaO2とヘモグロビン酸素飽和度の関係は、図の点線に近づくことはない。