第104回薬剤師国家試験 問198〜199

第104回薬剤師国家試験 問198〜199

52 歳女性。若い頃からビール(350 mL)を毎日6缶飲んでいた。腹部膨満感、嘔吐、四肢の浮腫を訴えて受診したところ、アルコール過剰摂取による肝硬変と診断された。
受診時の検査データを以下に示す。
検査値
Na 138 mEq/L、Cl 99 mEq/L、K 3.9 mEq/L、T−Bil 10 mg/dL、Alb 2.5 g/dL、 AST 120 U/L、ALT 99 U/L、BUN 15 mg/dL、血清クレアチニン 1 . 1 mg/dL、腹水(+)
患者は断酒とナトリウム摂取制限、スピロノラクトンによる薬物治療を始めた。 後日の血液検査では血清カリウム値が5.0 mEq/Lに上昇していた。

問198(実務)
血清カリウム値が上昇した理由として最も適切なのはどれか。1つ選べ。

1 病態の進行
2 嘔吐
3 断酒
4 ナトリウムの摂取制限
5 スピロノラクトンの投与

 

 

 

 

 


解答
5


解説
スピロノラクトンは、カリウム保持性利尿薬であり、血清カリウム値を上昇させる。


問199(物理・化学・生物)
 薬剤師は前問で考慮した理由以外に、今回用いた血清カリウム値の測定法(ピルビン酸キナーゼを用いる酵素法)におけるナトリウムの影響も疑った。そこで、他の測定法についても検討した。血清サンプル中のカリウム値の他の測定法として適しているのはどれか。2つ選べ。

1 EDTAを用いるキレート滴定法
2 イオン選択電極法
3 フレーム(炎光)分析法
4 ELISA法
5 ヨウ素を用いる酸化還元滴定法

 

 

 

 

 

 


解答
2、3


解説
1 誤
EDTAを用いるキレート滴定は、2価以上の金属イオンを定量することが可能であるが、カリウムイオンのような1価の金属イオンを定量することはできない。
2 正
イオン選択電極法とは、イオン選択電極と参照電極を用いて電解質濃度を測定する方法であり、血清電解質濃度を測定する方法として用いられる。
3 正
フレーム(炎光)分析法とは、炎の熱エネルギーにより試料を励起状態とし、その後、基底状態に戻る際に放出される光を測定し、元素を定量する方法であり、アルカリ金属やアルカリ土類金属を定量する方法として用いられている。
4 誤
カリウムは低分子であり、抗原性を示さないため、ELISA法(酵素イムノアッセイ)で定量することはできない。
5 誤
ヨウ素を用いる酸化還元滴定法では、酸化反応、還元反応を用いる定量法であり、カリウムを定量することはできない。