第104回薬剤師国家試験 問180

第104回薬剤師国家試験 問180

45歳女性。健康診断で肥満、高血圧及び高血糖を指摘され、近医を受診した。 高血圧症及び2型糖尿病と診断され、アンジオテンシンⅡ受容体遮断薬とジペプチジルペプチダーゼ−4(DPP−4)阻害薬の投与が開始された。しかし、3ヶ月間服薬しても期待した治療効果が得られなかったため、大学病院に紹介受診となった。 診察の結果、丸顔と中心性肥満が認められ、二次性高血圧が疑われた。MRI検査 により下垂体の腫瘍と、腹部CT検査により両側副腎の腫大を認めた。本症例の空腹時血液検査データで、高値を示す可能性が高いのはどれか。2つ選べ。

1 コルチゾール
2 カテコールアミン
3 アルドステロン
4 TSH
5 ACTH

 

 

 

 

 

 

 


解答
1、5


解説
本症例では、丸顔と中心性肥満が認められていることに加え、MRI検査により下垂体の腫瘍と、腹部CT検査により両側副腎の肥大を認めていることから、クッシング病であると考えられる。
クッシング病では、下垂体からACTHが過剰に分泌されるとともに副腎皮質よりコルチゾールが過剰に分泌されるため、空腹時血液検査データでは、ACTHとコルチゾールが高値を示す。

<参考:クッシング病>
クッシング病は下垂体の副腎皮質刺激ホルモン(ACTH)過剰産生に起因するクッシング症候群であり、通常は下垂体腺腫に続発する。クッシング病の症状および徴候として、満月様顔貌および中心性肥満、紫斑が現れやすい。