第104回薬剤師国家試験 問155

第104回薬剤師国家試験 問155

レニン−アンジオテンシン−アルドステロン系に作用する薬物に関する記述のうち、正しいのはどれか。2つ選べ。

1 アンジオテンシンⅡAT1受容体を遮断する薬物は、副腎皮質球状層からのアルドステロン分泌量を減少させる。
2 キニナーゼⅡを阻害する薬物は、血中のブラジキニン量を増加させる。
3 レニンを阻害する薬物は、血中のブラジキニン量を増加させる。
4 アドレナリンβ1受容体を遮断する薬物は、傍糸球体細胞からのレニンの分泌量を増加させる。
5 アンジオテンシン変換酵素を阻害する薬物は、血中のレニン量を減少させる。

 

 

 

 

 


解答
1、2


解説
1 正
アンギオテンシンⅡがアンギオテンシンⅡAT1受容体を刺激すると副腎皮質球状層からのアルドステロン分泌が促進される。よって、アンギオテンシンⅡAT1受容体遮断薬により、アンギオテンシンⅡAT1受容体が遮断されると副腎皮質球状層からのアルドステロン分泌量が低下する。
2 正
キニナーゼⅡは、アンギオテンシン変換酵素と同様にブラジキニン分解酵素である。よって、キニナーゼⅡを阻害する薬物は、血中のブラジキニン量を増加させる。
3 誤
レニンはアンギオテンシノーゲンをアンギオテンシンⅠに変換する酵素であり、ブラジキニンの生成、分解に関与していないことから、レニンを阻害する薬物は、血中ブラジキニン量に影響を与えない。
4 誤
傍糸球体細胞に存在するアドレナリンβ1受容体が刺激されると、傍糸球体細胞からのレニンの分泌量が増加する。よって、アドレナリンβ1受容体を遮断する薬物は、傍糸球体細胞からのレニンの分泌量を低下させる。
5 誤
アンギオテンシン変換酵素を阻害する薬物を投与すると、アンギオテンシンⅠからアンギオテンシンⅡへの変換が抑制され、レニン−アンギオテンシン−アルドステロン系が抑制されることから、それを正常化するために代償機構としてレニン分泌が促進される。