第104回薬剤師国家試験

第104回薬剤師国家試験 問152

アドレナリン受容体遮断薬に関する記述のうち、正しいのはどれか。2つ選べ。

  1. フェントラミンは、血管平滑筋のアドレナリンα1受容体を遮断することで血圧を低下させる。
  2. ブナゾシンは、毛様体上皮のアドレナリンβ2受容体を遮断することで眼房水の産生を抑制する。
  3. アロチノロールは、気管支平滑筋のアドレナリンα、β受容体を遮断することで気管支平滑筋を拡張させる。
  4. ビソプロロールは、心臓のアドレナリンβ1受容体を遮断することで心拍数を減少させる。
  5. ナドロールは、心臓のアドレナリンβ1受容体遮断作用及び内因性交感神経刺激作用により心筋収縮力を低下させる。

解答・解説

解答
1、4

解説
1 正

2 誤
ブナゾシンは、選択的にアドレナリンα1受容体を遮断することでぶどう膜強膜からの眼房水の流出を促進する。

3 誤
アロチノロールは、アドレナリンα、β受容体遮断作用を有しており、気管支平滑筋のアドレナリンβ2受容体を遮断することで気管支平滑筋を収縮させる。

4 正

5 誤
ナドロールは、内因性交感神経刺激作用を示さない。なお、ナドロールは、心臓のアドレナリンβ1受容体遮断することで心筋収縮力を低下させる。

-第104回薬剤師国家試験

Copyright© yakugaku lab , 2023 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.