第104回薬剤師国家試験

第104回薬剤師国家試験 問115

第104回薬剤師国家試験 問115

遺伝子Xの転写は薬物ア及びイにより促進される。両薬物による遺伝子Xの転写促進に関わるプロモーター領域中のDNA部位を同定するために、レポーター遺伝子を用いたプロモーター解析実験を行った。以下に実験方法の概要を記す。

実験方法の概要
図1に示したように、遺伝子Xの転写開始点から200 bp上流(-200 bp)までのDNAを合成し、それをレポーター遺伝子に連結して発現ベクターを作製した(A)。また、Aより上流域が短い4種類のDNAを合成して、同様にベクター作製した(B〜E)。次に、A〜Eの組換えDNAを導入した哺乳動物由来細胞を作製した。これらの細胞において薬物ア又はイで処理した際のレポーター遺伝子産物を測定し、図2の結果を得た。レポーター遺伝子のみを持つベクターを導入した細胞では、薬物処理の有無に関わらずレポーター遺伝子産物は発現されなかった。なお、細胞へのDNA導入効率は等しく、細胞培養条件やレポーター遺伝子産物などが転写活性に影響を及ぼさないことを確認している。

哺乳動物由来細胞における転写調節とプロモーター解析実験の方法及び考察に関する記述のうち、誤っているのはどれか。1つ選べ。

1 RNAポリメラーゼは、転写因子を介してプロモーターに結合する。
2 レポーター遺伝子として、ホタル由来のルシフェラーゼ遺伝子が用いられることがある。
3 転写開始点から80 bp上流〜40 bp上流のDNA配列は、薬物アによるレポーター遺伝子産物の発現増加に関与していると考察される。
4 転写開始点から120 bp上流〜80 bp上流のDNA配列は、薬物イによるレポーター遺伝子産物の発現増加に関与していると考察される。
5 転写開始点から40 bp上流までのDNA配列は、薬物ア及びイのいずれにも依存しない恒常的なレポーター遺伝子産物の発現に関与していると考察される。

 

 

 

 

 

 

解答・解説

解答
1、4


解説
1 正しい
哺乳動物由来の細胞は真核細胞である。真核細胞のRNAポリメラーゼ(Ⅰ、Ⅱ、Ⅲ)は、直接プロモーターを認識することができないため、プロモーターと結合する際に基本転写因子を必要とする。
2 正しい
レポーター遺伝子には、ルシフェラーゼ(生物発光に関わる物質が発光する反応を触媒する酵素の総称)遺伝子 が利用される。
3 正しい
A、B、C、Dを導入した細胞では、未処理の場合に比べ、薬物アで処理した場合のレポーター遺伝子産物の相対的発現量が多いが、Eを導入した細胞では、未処理の場合と薬物アで処理した場合のレポーター遺伝子産物の相対的発現量にほとんど差がないことから、転写開始点から80 bp上流〜40 bp上流のDNA配列は、薬物アによるレポーター遺伝子産物の発現増加に関与していると考察される。
4 誤っている
A、Bを導入した細胞では、未処理の場合に比べ、薬物イで処理した場合のレポーター遺伝子産物の相対的発現量が多いが、C、D、Eを導入した細胞では、未処理の場合と薬物イで処理した場合のレポーター遺伝子産物の相対的発現量にほとんど差がないことから、転写開始点から160 bp上流〜120 bp上流のDNA配列は、薬物イによるレポーター遺伝子産物の発現増加に関与していると考察される。
5 正しい
Eを導入した細胞では未処理、薬物アで処理、薬物イで処理した場合のレポーター遺伝子産物の相対的発現量にほとんど差がないことから、転写開始点から40 bp上流までのDNA配列は、薬物ア及びイのいずれにも依存しない恒常的なレポーター遺伝子産物の発現に関与していると考察される。

-第104回薬剤師国家試験

Copyright© yakugaku lab , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.