第104回薬剤師国家試験

第104回薬剤師国家試験 問109

第104回薬剤師国家試験 問109

図はヒトにおける3種類の筋組織の模式図である。これらの筋組織に関する記述のうち、正しいのはどれか。2つ選べ。

  1. Aは横紋筋であり、B及びCは平滑筋である。
  2. B及びCはいずれも不随意筋であり、自律神経支配を受ける。
  3. Aの収縮は、筋小胞体から放出された遊離 Ca2とカルモジュリンとの結合により起こる。
  4. Bでは、細胞外から流入した Ca2が収縮に関与する。
  5. リン酸化されたミオシン軽鎖キナーゼは、ミオシンとアクチンの架橋形成を促進し、Cの収縮を引き起こす。

 

 

 

 

 

解答・解説

解答
2、4


解説
筋組織A:運動神経に支配されている→骨格筋(横紋筋)
筋組織B:介在板(電気的接合部)が存在→心筋(横紋筋)
筋組織C:横紋構造を有していない→平滑筋

1 誤
A、Bは横紋筋、Cは平滑筋である。

2 正
Bは心筋、Cは平滑筋であり、共に自律神経支配を受ける不随意筋である。

3 誤
Aは収縮する際、筋小胞体から放出された遊離 Ca2とトロポニンCが結合する。なお、Cの収縮は、筋小胞体から放出された遊離 Ca2とカルモジュリンとの結合により起こる。

4 正
Bは心筋であり、細胞外から流入したCa2が収縮に関与する。

5 誤
C(平滑筋)では、細胞外から流入したCa2がカルモジュリンに結合し、ミオシン軽鎖が活性化されると、ミオシンとアクチンの架橋形成が促進され、平滑筋が収縮する。そてに対して、ミオシン軽鎖キナーゼがリン酸化されると、ミオシンとアクチンの架橋形成が阻害され、平滑筋は弛緩する。

-第104回薬剤師国家試験

Copyright© yakugaku lab , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.