第103回薬剤師国家試験

第103回薬剤師国家試験 問65

重症筋無力症に関する記述のうち、誤っているのはどれか。1つ選べ。

  1. アセチルコリンに対する自己抗体が産生される。
  2. 20代から40代の女性に好発する。
  3. 筋力低下に日内変動がある。
  4. 副腎皮質ステロイド薬による治療が行われる。
  5. 重症例では、呼吸筋麻痺を起こす。

解答・解説

解答
1

解説
1 誤っている
重症筋無力症では、神経接合部のニコチン性アセチルコリン受容体に対する自己抗体(抗アセチルコリン受容体自己抗体)が産生される。

2 正しい

3 正しい
本症では、筋肉低下に日内変動がみられ、特に午後から夕方にかけて筋力低下が現れやすくなる。

4 正しい
本症の治療には、副腎皮質ステロイド、免疫抑制薬、コリンエンテラーゼ阻害薬が用いられる。

5 正しい
本症の重症例では、呼吸筋が障害されることにより、呼吸麻痺を起こすことがある。
なお、本症の症状としては、筋力低下による眼瞼下垂、嚥下困難、構音障害がみられることがある。

-第103回薬剤師国家試験

Copyright© yakugaku lab , 2023 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.