第103回薬剤師国家試験 問329

58歳男性。CD20陽性のびまん性大細胞型B細胞性リンパ腫と診断され、R−CHOP療法による治療が行われることになり、薬剤師は以下の処方を確認した。

薬品名及び投与量 投与速度又は時間 投与日
1 リツキシマブ注射液 375 mg/m2

生理食塩液で10倍希釈

200 mg/h 1日目

8日目

15日目

2 グラニセトロン点滴静注バッグ3 mg 15分 1日目
3 シクロホスファミド水和物注射用 750 mg/m2

生理食塩液250 mL

15分 1日目
4 ドキソルビシン塩酸塩注射用 50 mg/m2

生理食塩液50 mL

60分 1日目
5 ビンクリスチン硫酸塩注射用 1.4 mg/m2

(最大2 mg/bodyまで)

生理食塩液50 mL

15分 1日目
6 プレドニゾロン錠 60 mg/body 経口
(朝食後、昼食後)
1〜5日目

1コース期間:3週間
総コース数:6〜8コース
d−クロルフェニラミンマレイン酸塩錠2 mg 1錠及びイブプロフェン錠200 mg 1錠を服用する。
担当医師に提案すべき内容として、適切なのはどれか。2つ選べ。

1 リツキシマブの点滴速度は少しずつ上げていく。
2 グラニセトロンは、リツキシマブの後に投与する。
3 ドキソルビシン塩酸塩の点滴速度は少しずつ上げていく。
4 d−クロルフェニラミンマレイン酸塩とイブプロフェンは、リツキシマブの投与開始3分前に投与する。 

 

 

 


解答
1、4


解説
1 正
<リツキシマブの用法・用量の関する使用上の注意(添付文書:一部抜粋)>
初回投与時は、最初の30分は50 mg/時の速度で点滴静注を開始し、患者の状態を十分観察しながら、その後注入速度を30分毎に50 mg/時ずつ上げて、最大400 mg/時まで速度を上げることができる。また、2回目以降の注入開始速度は、初回投与時に発現した副作用が軽微であった場合、100 mg/時まで上げて開始し、その後30分毎に100 mg/時ずつ上げて、最大400 mg/時まで上げることができる。なお、患者の状態により、注入開始速度は適宜減速すること。
上記より、リツキシマブの点滴速度は少しずつあげて投与することが可能である。
2 誤
シクロホスファミド水和物を投与することにより、抗悪性腫瘍薬による嘔吐を誘発する可能性がある。そのため、抗悪性腫瘍薬による嘔吐を抑制する目的でグラニセトロン(5−HT
3受容体遮断薬)をシクロホスファミド投与前に投与する必要がある。
3 誤
<ドキソルビシン塩酸塩注射液の適用上の注意(添付文書:一部抜粋)>
静脈内投与により血管痛、静脈炎、血栓を起こすおそれがあるので、注射部位、注射方法等に十分注意し、注射速度をできるだけ遅くすること。
上記より、ドキソルビシン塩酸塩の点滴速度は少しずつ上げていくことは適切ではない。
4 正
<リツキシマブの用法・用量の関する使用上の注意(添付文書:一部抜粋)>
本剤投与時に頻発してあらわれるinfusion reaction(発熱、悪寒、頭痛等)を軽減させるために、本剤投与の30分前に抗ヒスタミン剤、解熱鎮痛剤等の前投与を行うこと。また、副腎皮質ホルモン剤と併用しない場合は、本剤の投与に際して、副腎皮質ホルモン剤の前投与を考慮すること。
上記より、infusion reaction(発熱、悪寒、頭痛等)を軽減させるために、d−クロルフェニラミンマレイン酸塩(抗ヒスタミン薬)とイブプロフェン(解熱鎮痛剤)は、リツキシマブの投与開始30分前に投与する必要がある。

1 thought on “第103回薬剤師国家試験 問329

  1. ピンバック: 第103回薬剤師国家試験 問328 | yakugaku lab(薬剤師国家試験解説、薬学に関する情報 サイト)

コメントは停止中です。