第103回薬剤師国家試験

第103回薬剤師国家試験 問328

第103回薬剤師国家試験 問328

8歳男児。湿疹により皮膚科を受診した。母親が処方箋を持って薬局を訪れた。

母親からの聞き取りで錠剤が飲めないことが判明したため、処方医に疑義照会してレボセチリジン塩酸塩シロップ0.05%への処方変更を提案した。提案した処方薬の1回量及び全量として正しいのはどれか。1つ選べ。

1 1回量2.5 mL   全量35 mL
2 1回量2.5 mL   全量70 mL
3 1回量5 mL   全量35 mL
4 1回量5 mL   全量70 mL
5 1回量10 mL   全量35 mL
6 1回量10 mL   全量70 mL  

 

 

 

 

 

 

解答・解説

解答
4


解説
<レボセチリジン塩酸塩錠5 mg投与による1回量、投与全量に含まれる成分量を求める>
1回量に含まれる成分量:5 mg/錠×0.5錠=2.5 mg
投与全量に含まれる成分量:5 mg /錠×1錠/日×7日=35 mg
<成分量よりレボセチリジン塩酸塩シロップ0.05%の1回量、投与全量を求める>
シロップには0.05%(0.5 mg/mL)の成分が含有されていることから、レボセチリジン塩酸塩シロップ0.05%の1回量、投与全量を以下のように求めることができる。
1回量:2.5 mg÷0.5 mg/mL=5 mL
投与全量:35 mg÷0.5 mg/mL=70 mL

-第103回薬剤師国家試験

Copyright© yakugaku lab , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.