第103回薬剤師国家試験

第103回薬剤師国家試験 問282〜283

第103回薬剤師国家試験 問282〜283

2歳男児。夕方に発熱があり、同時に痙れんが起こったので近所の小児科を受診した。その後、母親が処方施を薬局に持参した。その処方内容は以下のとおりであった。


問282 (実務)
薬剤師が坐剤の使用経験を確認したところ、坐剤の併用は初めてとのことであった。そこで、この2種類の坐剤の併用方法について説明した。その内容として適切なのはどれか。1つ選べ。

1 アセトアミノフェン坐剤を先に挿入し、熱が下がってからジアゼパム坐剤を挿入してください。
2 ジアゼパム坐剤を先に挿入し、3〜5分ほどしてからアセトアミノフェン坐剤を挿入してください。
3 アセトアミノフェン坐剤を先に挿入し、3〜5分ほどしてからジアゼパム坐剤を挿入してください。
4 ジアゼパム坐剤を先に挿入し、30分以上してからアセトアミノフェン坐剤を挿入してください。
5 アセトアミノフェン坐剤を先に挿入し、30分以上してからジアゼパム坐剤を挿入してください。
6 アセトアミノフェン坐剤を挿入したら、直ちにジアゼパム坐剤を挿入してください。

 

 

 

 

解答・解説

解答
4


解説
熱性けいれんに対して、アセトアミノフェン坐剤とジアゼパム坐剤を併用する場合には、ジアゼパム坐剤を挿入し、その後、30分以上してからアセトアミノフェン坐剤を挿入する。
<理由>
先にアセトアミノフェンを使用すると、アセトアミノフェンの基剤であるハードファットにより粘膜表面に油膜が形成される。その後、脂溶性薬物であるジアゼパムを投与すると、ジアゼパムがその油膜に分配し、吸収量が減少する。


問283 (薬剤)
前問の投与順を選択した理由として適切なのはどれか。1つ選べ。

1 アセトアミノフェン坐剤とジアゼパム坐剤を同時に投与すると、直腸内で両主薬の溶解度が上昇し、吸収量が増加する。
2 アセトアミノフェン坐剤とジアゼパム坐剤を同時に投与すると、主薬間で不溶性の複合体を形成し、吸収量が減少する。
3 ジアゼパム坐剤を先に投与すると、アセトアミノフェンがマクロゴールに分配し、吸収量が減少する。
4 アセトアミノフェン坐剤を先に投与すると、ジアゼパムがハードファットに分配し、吸収量が減少する。
5 マクロゴールによってハードファットが不溶化し、アセトアミノフェンの溶出量が減少する。

 

 

 

 

 

解答・解説

解答
4


解説
問282解説参照

-第103回薬剤師国家試験

Copyright© yakugaku lab , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.