第103回薬剤師国家試験

第103回薬剤師国家試験 問260〜261

第103回薬剤師国家試験 問260〜261

35歳女性。体重55 kg。C型慢性肝炎と診断され、治療開始となった。ペグインターフェロンアルファ−2a(週1回皮下注射)での治療が開始され、以下の処方が出された。


問260 (薬理)
この患者に使用する治療薬のC型肝炎ウイルスに対する作用機序として正しいのはどれか。2つ選べ

1 NS5Bポリメラーゼを阻害する。
2 NS3/4Aプロテアーゼを阻害する。
3 RNA依存性RNAポリメラーゼを阻害する。
4 DNAポリメラーゼを阻害する。
5 逆転写酵素を阻害する。

 

 

 

 

 

解答・解説

解答
1、2、3(いずれか2つを選択で正解とする)


解説
本患者に処方されている薬の作用機序及び作用を以下に示す。
・ペグインターフェロンアルファ−2a
感染細胞内の2’,5’−オリゴアデニル酸合成酵素を誘導して、RNA分解酵素を活性化し、ウイルスRNAを分解することにより抗ウイルス作用を示す。
・シメプレビルナトリウム
C型肝炎ウイルスのNS3/4Aプロテアーゼを阻害することにより、ウイルスの非構造タンパク質の産生を抑制することにより抗ウイルス作用を示す。
・リバビリン
三リン酸化体となり、ウイルス由来のRNA依存性RNAポリメラーゼによるグアノシン三リン酸のRNAの取り込みを阻害することにより抗ウイルス作用を示す。

1 正
NS5Bポリメラーゼは、RNA依存性RNAポリメラーゼの一種である。
2 正
3 正
4 誤
DNAポリメラーゼを阻害する薬には、B型肝炎治療薬であるエンテカビルがある。
5 誤
逆転写酵素を阻害する薬には、B型肝炎治療薬、HIV治療薬であるラミブジンがある。


問261 (実務)
薬剤師が患者に対して指導・説明する内容として適切なのはどれか。2つ選べ。

1 眠れない、食欲がない、意欲がないなどの症状が出たら、医師又は薬剤師に申し出てください。
2 熱が出たら、市販の解熱薬を服用し、様子を見てください。
3 朝食後飲み忘れた場合は、その日の夕食後服用分と合わせて、夕食後に服用してください。
4 催奇形性がある薬が含まれているので、避妊してください。

 

 

 

 

 

 

解答・解説

解答
1、4


解説
1 正
眠れない、食欲がない、意欲がないなどの症状(抑うつ、うつ症状)が現れた場合には、副作用が現れている可能性があるため、医師又は薬剤師に申し出るように説明する必要がある。
2 誤
熱が出たら、副作用の初期症状である可能性があるため、医師又は薬剤師に申し出るように説明する必要がある。
3 誤

飲み忘れた場合には、2回分を一度に服用しないように説明する必要がある。
4 正
リバビリンは催奇形性があるため、投与するに当たっては以下のことに注意する必要がある。
妊娠する可能性のある女性患者及びパートナーが妊娠する可能性のある男性患者は投与中及び投与終了後6ヵ月間は信頼できる避妊法を用いるなどして妊娠を避けること。また、投与直前の妊娠検査結果が陰性であることを確認後に投与を開始すること。なお、妊娠していないことを確認するために、妊娠検査を毎月1回実施すること。

-第103回薬剤師国家試験

Copyright© yakugaku lab , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.