第103回薬剤師国家試験

第103回薬剤師国家試験 問232〜233

第103回薬剤師国家試験 問232〜233

75歳女性。肺炎にて入院後、喀痰検査にてMRSAが原因菌と判断された。バンコマイシンにて治療を開始したが改善が認められず、アルベカシンに変更した。変更後も治療効果が認められず、さらに腎機能も低下していたことから、他の薬物の選択をICT(感染制御チーム)で検討することになった。


問232 (実務)
薬剤師が提案する薬物として、最も適切なのはどれか。1つ選べ。

1 タゾバクタム・ピペラシン
2 シプロフロキサシン
3 メロペネム
4 クリンダマイシン
5 リネゾリド

 

 

 

 

 

解答・解説

解答
5


解説
本患者は、MRSAを原因菌とする肺炎に罹患しており、バンコマイシン、アルベカシンによる治療を行なったが治療効果が認められないことに加え、腎機能も低下したことから他の薬物の選択を検討することとなった。
MRSAを原因菌とする肺炎の治療に用いられる抗菌薬には、バンコマイシン、テイコプラニン、アルベカシン、リネゾリドがあり、バンコマイシン、アルベカシンは治療効果が認められないことから再投与することはなく、また、バンコマイシン、アルベカシン、テイコプラニンは腎機能に応じて投与量を調節する必要があるため、腎機能低下患者に積極的に用いられない。このことから、リネドリドを選択することが最も適切である。なお、腎機能障害患者において、リネゾリドの体内動態はほとんど変化しない。


問233 (衛生)
MRSA及びその感染症に関する記述のうち、正しいのはどれか。2つ選べ。

1 感染症法において、特定の職業への就業によって集団感染を起こし得る感染症とされている。
2 感染症法に基づき、患者は状況に応じて第二種感染症指定医療機関に入院しなければならない。
3 消毒薬として、消毒用エタノールや次亜塩素酸ナトリウムが有効である。
4 院内感染を起こす代表的な細菌であり、院内の耐性菌として検出される細菌のうち最も大きな割合を占めている。
5 外来患者から検出される黄色ブドウ球菌のうち、MRSAは80%以上を占める。
*感染症法:感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律

 

 

 

 

解答・解説

解答
3、4


解説
1 誤
MRSAは、感染症法において5類感染症に分類されており、「国が感染症発生動向調査を行い、その結果に基づいて必要な情報を一般国民や医療関係者に提供・公開していくことによって、発生・拡大を防止すべき感染症」とされている。なお、特定の職業への就業によって集団感染を起こし得る感染症とされているのは、3類感染症である。
2 誤
MRSAは、感染症法において5類感染症に分類されており、MRSAに罹患しても感染症法に基づき入院する必要はない。なお、感染症法に基づき、患者は状況に応じて第二種感染症指定医療機関に入院しなければならないのは、2類感染症に指定された感染症に罹患した場合である。
3 正
4 正
5 誤

外来患者から検出される黄色ブドウ球菌のうち、MRSAは10〜30%程度を占める。

-第103回薬剤師国家試験

Copyright© yakugaku lab , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.