第103回薬剤師国家試験

第103回薬剤師国家試験 問188

第103回薬剤師国家試験 問188

全身性エリテマトーデス(SLE)に関する記述のうち、誤っているのはどれか。2つ選べ。

1 自己抗体により形成される免疫複合体が組織に沈着し、臓器に慢性の炎症を引き起こす。
2 特徴的な症状として両側頬部にわたる蝶形紅斑が認められる。
3 関節所見としては関節痛や関節炎が主体で、骨破壊はまれである。
4 40〜50歳代の女性に好発する。
5 肝機能の悪化はSLEの予後を左右する最も重要な因子である。

 

 

 

 

 

解答・解説

解答
4、5


解説
1 正しい
SLEでは、自己抗体(抗核抗体:抗DNA抗体、抗Sm抗体など)により形成される免疫複合体が組織に沈着し、Ⅲ型アレルギーの機序により臓器に慢性の炎症を引き起こす疾患である。

2 正しい
SLEでは、症状として、蝶形紅斑、光過敏症、口内炎等が認められる。
3 正しい
4 誤っている
SLEは、20〜40歳代の女性に好発する。
5 誤っている
SLEでは、ループス腎炎を生じることがあり、これがSLEにおける生命予後に大きな影響を与えるとされている。

-第103回薬剤師国家試験

Copyright© yakugaku lab , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.