第103回薬剤師国家試験

第103回薬剤師国家試験 問175

第103回薬剤師国家試験 問175

医療用活性炭の品質管理を目的として、ガス吸着法による比表面積測定を行った。試料2.0 gに対する窒素ガスの単分子吸着量が3.0×102mo1であったとき、この試料の比表面積(m2/g)に最も近い値はどれか。1つ選べ。
ただし、アボガドロ定数を6.0×1023mo11窒素分子の分子占有断面積を1.6×1019m2とする。

1 1.6×102
2 2.2×102
3 1.0×103
4 1.4×103
5 2.2×103

 

 

 

 

 

解答・解説

解答
4


動画解説


解説
<試料1 gに対する窒素ガスの単分子吸着量を求める>
3.0×102 mo1÷2 g=1.5×102mo1/g
<この試料の比表面積を求める>
試料1 gに1.5×102 mo1の窒素ガスが吸着していることから、試料1 gに「1.5×102×アボガドロ定数(個)」の窒素ガスが吸着していると考えられる。
このことから、この試料の比表面積(m2/g)を以下のように計算することができる。
この試料の比表面積(m2/g)=試料1 gに吸着している窒素ガスの個数×窒素分子の分子占有断面積=1.5×102×アボガドロ定数(個)×1.6×1019=1.44×103(m2/g)

-第103回薬剤師国家試験

Copyright© yakugaku lab , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.