第103回薬剤師国家試験

第103回薬剤師国家試験 問174

第103回薬剤師国家試験 問174

固形製剤中における医薬品の分子集合体の性質に関する記述のうち、正しいのはどれか。2つ選べ。

1 結晶多形間では、結晶構造は異なるが真密度は等しい。
2 医薬品の結晶形は変化せず結晶表面に水分が吸着したものを水和物という。
3 非晶質(アモルファス)状態の医薬品を高湿度下に保存したとき、水分の収着によって結晶化することがある。
4 シクロデキストリンによる包接化には、医薬品の安定性を改善する効果はない。
5 医薬品を分子状態で水溶性高分子に分散させた粉体
から医薬品を溶出させるとき、医薬品のみかけの溶解度が過飽和を示すことがある。

 

 

 

 

 

 

 

解答・解説

解答
3、5


解説
1 誤
結晶多型とは、化合物の組成は同じであるが、結晶内の原子、分子の配列が異なる結晶のことである。結晶多型間では、溶解度、融点、密度、化学ポテンシャル等が異なる。
2 誤
水和物は、水分子を取り込んだ状態で結晶化している。
3 正
非晶質(アモルファス)状態とは、乱れた構造を有する固体の状態である。非晶質(アモルファス)状態の医薬品を高湿度下に保存すると、水分の収着によって結晶化することがある。
<参考>
収着とは、水分の吸着及び水分の吸収の両方の反応が起こること
4 誤
医薬品をシクロデキストリンによる包接化することにより以下のことが期待できる。
・医薬品の水溶性を高める
・医薬品を酸化分解、加水分解しにくくする(医薬品の安定性を改善する)
5 正
固体分散体(医薬品を分子状態で水溶性高分子に分散させた粉体)から医薬品を溶出させるとき、医薬品が溶解度以上に溶け込むことがある(みかけの溶解度が過飽和を示すことがある)。

-第103回薬剤師国家試験

Copyright© yakugaku lab , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.