第103回薬剤師国家試験

第103回薬剤師国家試験 問162

第103回薬剤師国家試験 問162

抗ウイルス薬の作用機序に関する記述のうち、正しいのはどれか。2つ選べ。

1 アマンタジンは、ノイラミニダーゼを阻害することでインフルエンザウイルスの感染細胞からの遊離を抑制する。
2 インジナビルは、HIVプロテアーゼを特異的に阻害することでHIVの増殖を抑制する。
3 ラルテグラビルは、インテグラーゼを阻害することでHIVの複製を抑制する。
4 ラミブジンは、CCR5ケモカイン受容体を遮断することでHIV感染を抑制する。
5 エンテカビルは、チミジンキナーゼによって活性型に変換され、ヘルペスウイルスのDNAポリメラーゼを阻害することでウイルスの増殖を抑制する。

 

 

 

 

 

解答・解説

解答
2、3

解説
1 誤
アマンタジンは、A型インフルエンザウイルスのM2イオンチャネルの作用を阻害することにより感染細胞内における脱核を阻害する。なお、ノイラミニダーゼを阻害することでインフルエンザウイルスの感染細胞からの遊離を抑制する薬物として、オセルタミビルやザナミビルがある。
2 正
3 正
4 誤
ラミブジンはヌクレオシド型逆転写酵素阻害薬であり、HIVの逆転写酵素を競合的に阻害することによりHIVの増殖を抑制する。なお、CCR5ケモカイン受容体を遮断することでHIV感染を抑制する薬物として、マラビロクである。
5 誤
エンテカビルは、細胞内でリン酸化され三リン酸体となり、B型肝炎ウイルスのDNAポリメラーゼを競合的に阻害することによりウイルス増殖を抑制する。なお、チミジンキナーゼによって活性型に変換され、ヘルペスウイルスのDNAポリメラーゼを阻害することでウイルスの増殖を抑制する薬物として、アシクロビルがある。

-第103回薬剤師国家試験

Copyright© yakugaku lab , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.