第103回薬剤師国家試験

第103回薬剤師国家試験 問161

抗菌薬に関する記述のうち、正しいのはどれか。2つ選べ。

  1. リンコマイシンは、DNA依存性RNAポリメラーゼを阻害することで細菌のDNA複製を阻害する。
  2. スルファメトキサゾールは、パラアミノ安息香酸と競合的に拮抗することで葉酸の生合成を阻害する。
  3. ノルフロキサシンは、DNAジャイレースを阻害することで細菌のDNA複製を抑制する。
  4. セファゾリンは、ミコール酸の生合成を阻害することで結核菌に対して抗菌作用を示す。
  5. リファンピシンは、リボソーム50Sサブユニットに結合し、ペプチジルトランスフェラーゼ活性を阻害することで細菌のタンパク質生合成を抑制する。

解答・解説

解答
2、3

解説
1 誤
リンコマイシンは、リンコマイシン系抗菌薬であり、リボソーム50Sサブユニットに結合し、ペプチジルトランスフェラーゼ活性を阻害することで細菌のタンパク質生合成を抑制する。

2 正

3 正

4 誤
セファゾリンはセフェム系抗生物質であり、細菌の細胞壁合成に関わる酵素(トランスペプチダーゼ)を阻害することにより細菌の細胞壁合成を阻害し抗菌作用を示す。

5 誤
リファンピシンは、結核菌のDNA依存性RNAポリメラーゼを阻害することで、結核菌のRNA合成を阻害する。

-第103回薬剤師国家試験

Copyright© yakugaku lab , 2023 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.