第103回薬剤師国家試験

第103回薬剤師国家試験 問155

第103回薬剤師国家試験 問155

不整脈治療薬に関する記述のうち、正しいのはどれか。2つ選べ。

1 ソタロールは、アドレナリンβ受容体遮断作用を有しているが、Kチャネル遮断作用がないため、活動電位持続時間には影響を及ぼさない。
2 アミオダロンは、Kチャネル遮断作用を有しているため、活動電位持続時間を延長させる。
3 ジソピラミドは、Naチャネル遮断作用に加えて抗コリン作用を有しているため、副作用として口渇や排尿困難を起こす。
4 リドカインは、Naチャネル遮断作用を有しているが、心室筋では不応期が短いため、効果は弱い。
5 ベプリジルは、Ca2チャネル遮断作用を有しているが、Kチャネル遮断作用がないため、QT延長を起こしにくい。

 

 

 

 

 

 

解答・解説

解答
2、3

解説
1 誤
ソタロールは、Kチャネル遮断作用及びアドレナリンβ受容体遮断作用を有する。ソタロールはKチャネル遮断作用を有しているため、活動電位持続時間を延長する。
2 正
3 正
4 誤

リドカインは、Naチャネル不活化回復遅延を来たし、相対不応期を延長させる。
5 誤
ベプリジルは、Ca2チャネル遮断作用に加え、Naチャネル遮断作用及びKチャネル遮断作用を有している。ベプリジルはKチャネル遮断作用を有しているため、副作用としてQT延長を起こすことがある。

-第103回薬剤師国家試験

Copyright© yakugaku lab , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.