第103回薬剤師国家試験

第103回薬剤師国家試験 問152

第103回薬剤師国家試験 問152

交感神経系に作用する薬物に関する記述のうち、正しいのはどれか。2つ選べ。

1 エフェドリンは、交感神経終末からノルアドレナリンを遊離させるほか、アドレナリン受容体を直接刺激する。
2 ミドドリンは、末梢血管平滑筋のアドレナリンα1受容体を刺激することで血圧を上昇させる。
3 クロニジンは、中枢神経系のアドレナリンα2受容体を遮断することで交感神経終末からのノルアドレナリン遊離を抑制する。
4 ミラベグロンは、膀胱平滑筋(排尿筋)のアドレナリンβ3受容体を遮断することで蓄尿機能を高める。

5 カルベジロールは、Kチャネル開口作用とアドレナリンβ受容体遮断作用によって、血圧を低下させる。

 

 

 

 

 

 

解答・解説

解答
1、2

解説
1 正
エフェドリンは、直接作用および間接作用を示す。
直接作用:アドレナリン受容体を直接刺激する。
(エフェドリンはアドレナリンβ2受容体を直接刺激する)
間接作用:交感神経終末からノルアドレナリンの遊離を促進する。
2 正
ミドドリンは選択的アドレナリンα1受容体刺激薬であり、末梢血管平滑筋のアドレナリンα1受容体を刺激することで血圧を上昇させる。
3 誤
クロニジンは、中枢神経系のアドレナリンα2受容体を刺激することで交感神経終末からのノルアドレナリン遊離を抑制する。
4 誤
ミラベグロンは、膀胱平滑筋(排尿筋)のアドレナリンβ3受容体を刺激することで蓄尿機能を高める。
5 誤
カルベジロールは、アドレナリンα1、β受容体遮断作用によって、血圧を低下させる。なお、カルベジロールはKチャネル開口作用を有しない。

-第103回薬剤師国家試験

Copyright© yakugaku lab , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.