第103回薬剤師国家試験

第103回薬剤師国家試験 問144

第103回薬剤師国家試験 問144

薬剤師の業務に関する記述のうち、正しいのはどれか。2つ選べ。

1 処方された医薬品を備蓄していなかったので、調剤を拒否した。
2 患者から薬袋不要の申出があったので、調剤した薬剤だけを交付した。
3 処方箋を交付した医師の同意を得て薬剤を変更して調剤した。
4 処方箋に発行の年月日の記載がなかったが調剤した。
5 薬剤師免許証を紛失し、再交付申請中であるが、調剤した。

 

 

 

 

 

解答・解説

解答
3、5


解説
1 誤
調剤に従事する薬剤師は、正当な理由がなければ、これを拒んではならない。処方された医薬品を備蓄していないことは、調剤を拒否する正当な理由とはならないため、調剤を拒否することはできない。
2 誤
薬剤師は、販売又は授与の目的で調剤した薬剤の容器又は被包に、処方箋に記載された事項(患者の氏名、用法・用量、調剤年月日、調剤した薬局の名称、所在地、調剤した薬剤師の氏名)を記載しなければならない。よって、患者から薬袋不要の申出があっても、調剤した薬剤を薬袋に入れ交付する必要がある。
3 正
4 誤
処方箋に法令で定められた記載事項(発行年月日等)の記載がなかった場合には、疑義照会により内容を確認し、その後、調剤する必要がある。
5 正
薬剤師名簿に登録されている者は、調剤することが可能である。薬剤師免許を紛失しても、薬剤師名簿から登録が取り消されることはないので、調剤することは可能である。

-第103回薬剤師国家試験

Copyright© yakugaku lab , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.