第103回薬剤師国家試験

第103回薬剤師国家試験 問139

第103回薬剤師国家試験 問139

表は、1999〜2014年度における、ある大気汚染物質Aの年平均値(昼間の日最高1時間値の年平均値)及び環境基準達成率を示している。大気汚染物質Aに関する記述のうち、正しいのはどれか。2つ選べ。

1 石炭や重油などの化石燃料の燃焼時に、燃料中の硫黄から生成する。
2 大気中の窒素酸化物や炭化水素類などの一次汚染物質と紫外線との反応により、二次的に生成する。
3 化石燃料中に含まれる窒素化合物や空気中の窒素が、燃焼時に酸化されて生成する。
4 高濃度で曝露されると、気管支や肺への障害に加え、メトヘモグロビン血症を引き起こす。
5 頭痛、眼やのどへの刺激、呼吸困難を引き起こしたり、植物の葉を変色させることがある。

 

 

 

 

 

 

解答・解説

解答
2、5


解説
上記の表より、1999〜2014年度にかけて大気汚染物質Aの環境基準達成率は著しく低いことが読み取れる。このことより、大気汚染物質Aは「光化学オキシダント」であると推察される。
1 誤
石炭や重油などの化石燃料の燃焼時に、燃料中の硫黄から生成する大気汚染物質は硫黄酸化物である。
2 正
3 誤
化石燃料中に含まれる窒素化合物や空気中の窒素が、燃焼時に酸化されて生成する大気汚染物質は窒素酸化物である。
4 誤

高濃度で曝露されると、気管支や肺への障害に加え、メトヘモグロビン血症を引き起こす大気汚染物質は二酸化窒素である。
5 正

-第103回薬剤師国家試験

Copyright© yakugaku lab , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.