第103回薬剤師国家試験

第103回薬剤師国家試験 問134

第103回薬剤師国家試験 問134

ある野菜から農薬Aが0.020 ppm(0.020 mg/kg)検出された。この農薬Aの毒性試験データを下に示す。体重20 kgの子供が1日にこの野菜を10 g食べたとき、子供が摂取した農薬Aの量は、この農薬の許容一日摂取量(ADI)の何%に相当するか。最も近い値はどれか。1つ選べ。ただし、安全係数を100とする。

1 33
2 3.3
3 0.33
4 0.033
5 0.0033
6 0.00033

 

 

 

 

 

解答・解説

解答
4


解説
<ADI(許容一日摂取量)を求める>
ADIはNOAEL×安全係数の逆数より求めることができる。
ADIを求める際、複数の毒性試験で求めたNOAELのうち、最も小さい値(本問では、慢性毒性試験(イヌ)NOAEL=3.0)を用いる。
上記より、ADI=3.0×(1/100)=0.03 mg/kg体重/日
<子供が摂取した体重当たりの農薬量を求める>
0.020 ppm(0.020 mg/kg)×(10 g /日/1000 g)÷20 kg=0.00001 mg/kg体重/日
上記より、この農薬の許容一日摂取量(ADI)に対する子供が摂取した農薬Aの量(%)を以下のように求めることができる。
(0.00001 mg/kg体重/日÷0.03 mg/kg体重/日)×100=0.033(%)

-第103回薬剤師国家試験

Copyright© yakugaku lab , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.