第103回薬剤師国家試験

第103回薬剤師国家試験 問128

第103回薬剤師国家試験 問128

予防接種に関する記述のうち、正しいのはどれか。2つ選べ。

1 予防接種法のA類疾病に対する予防接種のみならず、B類疾病に対する予防接種も、国民の努力義務(勧奨接種)とされている。
2 先天性風疹症候群の予防のために、妊娠する前に予防接種により風疹に対する免疫を獲得しておくことが望まれる。
3 小学校における集団感染を防止するために、すべての小学生を対象にインフルエンザワクチンの予防接種が定期接種として行われている。
4 現在、定期接種において、ポリオに対するワクチンは、弱毒生ワクチンではなく不活化ワクチンが用いられている。
5 麻疹及び流行性耳下腺炎の予防接種には、MRワクチンが用いられている。

 

 

 

 

 

 

 

解答・解説

解答
2、4


解説
1 誤
予防接種法では対象疾患を、A類疾患とB類疾患に分類している。A類疾患に対する予防接種は国民の努力義務(推奨接種)とされており、B類疾患に対する予防接種は国民の努力義務(推奨接種)ではない。
2 正
先天性風疹症候群とは、風疹ウイルスが妊娠初期の妊婦に感染し、胎児に風疹ウイルスが感染することにより起こる症候群(症状:心疾患、難聴、白内障など)のことである。先天性風疹症候群を予防するために、妊娠する前に予防接種により風疹に対する免疫を獲得しておくことが望まれる。
3 誤
予防接種法において、インフルエンザはB類疾患に分類されており、対象年齢は原則として65歳以上とされている。よって、小学生がインフルエンザワクチンを接種する場合には、任意の予防接種となる。
4 正
現在、ポリオに対するワクチンとして、ポリオ(不活化)、ジフテリア、百日咳、破傷風の4種混合ワクチン(DPT−IPVワクチン)が用いられている。
5 誤
MRワクチン(麻疹、風疹の混合ワクチン)は、麻疹及び風疹の予防に用いられている。

-第103回薬剤師国家試験

Copyright© yakugaku lab , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.