第103回薬剤師国家試験

第103回薬剤師国家試験 問126

第103回薬剤師国家試験 問126

図は、1955年から2015年までの全悪性新生物及び部位別にみた悪性新生物の年齢調整死亡率の年次推移を示したものである。A〜Fは、乳房、肺(気管、気管支及び肺)、胃、肝臓、大腸及び子宮のいずれかに対応している。これらの年次推移に関する記述のうち、適切なのはどれか。2つ選べ。

1 Aの年齢調整死亡率が低下し続けている要因として、がんの早期発見や食生活の変化が考えられる。
2 Bの年齢調整死亡率が1990年代後半まで上昇した主な要因として、飲酒やウイルス感染の関与が考えられる。
3 Cの年齢調整死亡率が1990年代後半まで上昇した要因の1つとして、食事内容の欧米化が考えられる。
4 Eの年齢調整死亡率の低下の主な要因として、ワクチンの定期接種によるEの罹患率の低下が考えられる。
5 近年、全悪性新生物の年齢調整死亡率が男女とも低下しているが、粗死亡率も同様に低下している。

 

 

 

 

 

解答・解説

解答
1、3


解説
設問にある各部位におけるがんによる年齢調整死亡率は、A:胃、B肺(気管、気管支及び肺)、C:大腸、D:肝臓、E:子宮、F:乳房に対応している。
1 正
A(胃がん)の年齢調整死亡率が低下し続けている要因として、がんの早期発見や食生活の変化(減塩等)が考えられる。
2 誤
B(肺(気管、気管支及び肺)がん)の年齢調整死亡率が1990年代後半まで上昇した主な要因として、喫煙の関与が考えられる。
3 正

C(大腸がん)の年齢調整死亡率が1990年代後半まで上昇した要因の1つとして、食事内容の欧米化(高脂肪食など)が考えられる。
4 誤
E(子宮がん)の年齢調整死亡率の低下の主な要因として、がんの早期発見、治療技術の発達が考えられる。子宮頸がんワクチンについては、2009年頃から使用されるようになっていることから、子宮頸がんワクチンの接種がEの年齢調整死亡率の低下の主な要因であるとは考えられない。
5 誤
近年、全悪性新生物の年齢調整死亡率が男女とも低下しているが、全悪性新生物の粗死亡率は男女ともに上昇している。

-第103回薬剤師国家試験

Copyright© yakugaku lab , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.