第103回薬剤師国家試験

第103回薬剤師国家試験 問110

第103回薬剤師国家試験 問110

図は、腎臓のネフロンの概略を示している。健常人の腎臓における体液調節に関与する部位ア〜オについての記述のうち、正しいのはどれか。2つ選べ。

1 アは、主に腎臓の髄質部に局在している。
2 イでは、炭酸脱水酵素が関与してHCO3が原尿中に分泌される。
3 ウでは、管腔内の水が受動的に再吸収される。
4 エでは、NaとClが管腔内から間質液中へ輸送される。

5 オに分布するNa/K交換系は、アルドステロンにより抑制される。

 

 

 

 

 

解答・解説

解答
3、4


解説
1 誤
アは腎小体である。腎小体は糸球体とボーマン嚢から構成されており、腎臓の腎皮質部に存在する。
2 誤
イは近位尿細管である。近位尿細管では炭酸脱水酵素が関与してHが原尿中に分泌される。
3 正
ウはヘンレ係蹄下行脚である。ヘンレ係蹄下行脚では水の再吸収が認められるが、ヘンレ係蹄上行脚では水の再吸収が認められない。
4 正
エはヘンレ係蹄上行脚である。ヘンレ係蹄上行脚にはNa−K−2Cl共輸送体が存在し、管腔内から上行脚細胞中へNa、K、Clを輸送する。上行脚細胞中に輸送されたNa、Clは輸送担体やイオンチャネルにより間質中へ移行する。
5 誤

オは遠位尿細管である。遠位尿細管に分布するNa/K交換系は、アルドステロンにより促進される。

-第103回薬剤師国家試験

Copyright© yakugaku lab , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.