第102回薬剤師国家試験

第102回薬剤師国家試験 問70

第102回薬剤師国家試験 問70

新生児の特徴を成人と比較したとき、正しいのはどれか。1つ選べ。

 胆汁酸塩の生成が多い。
 肝臓のグルクロン酸抱合能が高い。
 薬物の皮膚透過性が低い。
 成人とは異なるシトクロムP450分子種が発現している。
 胃内pHが低い。

 

 

 

 

 

解答・解説

解答
4


解説
1 誤
新生児では、胆汁酸生成能が未発達であるため、成人に比べ胆汁酸塩の生成が少ない。
2 誤
新生児では、肝臓のグルクロン酸抱合能が未発達であるため、成人に比べ肝臓のグルクロン酸抱合能は低い。
3 誤
新生児では、角質層が薄く薬物透過に対するバリア能が低いため、成人に比べ薬物の皮膚透過性が高い。
4 正
新生児では、成人では存在しないCYP3A7が発現している。CYP3A7は生後徐々にその発現量が減少し、成人では存在しなくなる。
5 誤
新生児では、胃酸分泌機能が未発達であるため、成人に比べ胃内pHが高い。

-第102回薬剤師国家試験

Copyright© yakugaku lab , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.