第102回薬剤師国家試験

第102回薬剤師国家試験 問4

第102回薬剤師国家試験 問4

日本薬局方において、容量分析用標準液のファクターfは、通例どの範囲にあるように調製されるか。1つ選べ。

 0.850〜1.150
 0.900〜1.100
 0.950〜1.050
 0.970〜1.030
 0.990〜1.010

 

 

 

 

 

 

解答・解説

解答
4

解説
ファクターfとは、調製した容量分析用標準液の規定された濃度(mol/L)からのずれの度合いを表す数値である。日本薬局方において、容量分析用標準液のファクターfは通常「0.970〜1.030」の範囲に入るように調製される。

-第102回薬剤師国家試験

Copyright© yakugaku lab , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.